OSK日本歌劇団 Dracula ドラキュラ取扱中!OSK日本歌劇団は、日本にある少女歌劇団の1つである。誰もが知る宝塚歌劇団や松竹歌劇団(SKD)と並ぶ三大少女歌劇と称され、1922年に松竹演劇部として創設された。2003年5月に一度解散するも、同年8月に劇団員有志によって、再開されている。劇団名のOSKとは、以前の劇団名として使用していた大阪松竹歌劇団の頭文字を取って付けられた名称である。著名な出身者には、ジャニーズ事務所の取締役メリー喜多川がいることで知られている。昨今では、LINEにて情報配信を開始したり、ニコニコ生放送で舞台の生中継を開始したり舞台の制作発表をしたりと、新しい活動方法で多くのファンを獲得している。歴史ある少女歌劇団の今後の活動が楽しみである。

OSK日本歌劇団 Dracula ドラキュラ

100人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

OSK日本歌劇団のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/22 00:00更新)

OSK日本歌劇団について

OSK日本歌劇団の魅力とは

OSK日本歌劇団は、1922年に創設された松竹楽劇部を前身とする少女歌劇団である。かつては、宝塚歌劇団と関西で一二を争う人気を誇り、「歌の宝塚、ダンスのOSK」と並び称され、速いスピードで高く足を上げるラインダンスは、劇団の名物の一つともなっている。1971年からは近鉄グループの子会社となり活動を続けるも、2003年5月の舞台を最後に解散してしまうことになる。しかし、団員による存続活動は継続され、同2003年8月には「OSK存続の会」による立上げ公演が開催され、2004年にNewOSK日本歌劇団として旗揚げし、伴い旧劇団時代の衣装・音源等も無償で引き継いでいる。当劇団の特徴は、他の歌劇団のように男役・娘役が存在するが、それぞれに転向することもあることと言える。また、昨今は舞台の発表形態や上映方法も工夫が施されており、ニコニコ動画を活用する機会が増えていて、2016年には音声合成ソフトVOCALOIDのKAITOと初音ミクをボーカルに用いて発表した動画を元に公演されたニコニコミュージカルをさらに活用したミュージカルを上演している。不遇の年を重ねた老舗歌劇団の今後の展開に注目が集まっている。

OSK日本歌劇団が好きな方はこんなチケットもおすすめ