大阪フィルハーモニー交響楽団とは1947年に設立された日本を代表するオーケストラである。現在創立名誉指揮者とされている朝比奈隆により関西交響楽団として設立。その後名を現在のものへと変え長きに渡り活動している。日本を代表するオーケストラとして専用の練習場を大阪に構えており、定期的にコンサートを行いクラシックファンからは熱烈な支持を受けている。長い活躍を見せることができるのはそのクオリティと多彩な選曲。彼らが最も得意としているのはブルックナーやベートーヴェンであり、その名を全国へと広めたきっかけともなる。国内だけではなく海外公演も成功させながら、拠点となる大阪の街をクラシックイベントで盛り上げるなどおよそ半世紀以上の活躍により現在ではなくてはならない存在へとなっている。

大阪フィルハーモニー交響楽団の日程

444人が登録中

キーワード

枚数

席種

全て

フェスティバルホール他1会場

プリズムホール(八尾市文化会館)

滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

大阪フィルハーモニー交響楽団のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/18 18:00更新)

大阪フィルハーモニー交響楽団について

大阪フィルハーモニー交響楽団の魅力とは

大阪フィルハーモニー交響楽団とは名誉指揮者朝比奈隆により設立された日本屈指のオーケストラである。設立から半世紀以上にも及ぶ活動は日本でも貴重な存在であり、その実力人気共に日本はもとより世界中から声が掛かる。創設者であり指揮者でもある朝比奈隆が55年間にも及ぶ常任指揮者を務め上げ、その歴史的オーケストラ誕生の立役者となる。毎年年間を通して10回の定期的コンサートを行っており、その他にも数々の公演を行っている。日本を始め広く海外でも公演を行いこれまでにクラシックの本場ヨーロッパ各地からカナダ、アメリカ、そしてアジア圏では台湾などいずれも大成功を収めている。

創設者朝比奈隆は亡くなる直前まで会場で指揮をふるっており、体調不良から入院することになっても復帰の意欲を見せていた。しかし入院した2001年に93歳という長寿をまっとうしこの世を去る。その後新たな音楽監督の就任を迎え、楽団のさらなる躍進は続く。2006年には初の野外コンサートが開催され、会場である大阪城西の丸庭園には延べ9000人を超える大盛況となる。クラシックを中心に演奏しながら、大規模イベントなどでは映画主題歌の演奏も取り入れるなどオーケストラに馴染みのない層へのアプローチも忘れない。長きに渡る活躍はその都度趣向をこらし、観客を楽しませるという大事な部分をしっかりと守っている。

大阪フィルハーモニー交響楽団が好きな方はこんなチケットもおすすめ