大阪クラシック大阪フィルハーモニー交響楽団桂冠指揮者である大植英次のプロデュースによりおこなわれている音楽祭だ。大阪のメインストリートである御堂筋を中心に中之島界隈やオフィスビル、ホテルなどで気軽にクラシックを楽しめる音楽の祭典なのである。 今では大阪初秋の風物詩となるほど定着している大阪クラシックは2016年で記念すべき10周年を迎える。カフェやビジネスビルなどでおこなわれる演奏は大阪フィルハーモニー交響楽団の団員により奏でられ、これらの室内楽は入場無料で楽しむことが可能だ。また、ザ・シンフォニーホールや大阪市中央公会堂などでおこなわれる協奏曲や交響曲は有料公演となるが一見の価値はあるだろう。開催期間の1週間の間に全81公演、様々なプログラムが行われ気軽にクラシック音楽を楽しむことが出来る。大阪クラシック2016で一足早い音楽の秋と洒落こんでみてはいかがだろうか。

大阪クラシック 2016の日程

2人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

大阪クラシックの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

大阪クラシックのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 06:00更新)

大阪クラシックについて

大阪クラシックの魅力とは

大阪クラシックは大阪フィルハーモニー交響楽団桂冠指揮者であり音楽監督の大植英次のプロデュースで行われるクラシック音楽コンサート連続公演だ。2006年に初めて開催され2016年で第11回目の開催となる。
大阪のメインストリートである御堂筋に面するカフェやビジネスビルの1階ロビーなどを会場として大阪フィルハーモニー交響楽団のメンバーが街角に飛び出し、1週間にわたり様々な演奏を繰り広げる。

2015年までの10年間で798公演、43万人を超える入場者数で年々規模が拡大し、初秋の大阪の文化イベントとして定着している。
また、協奏曲、交響曲、室内楽曲などの有料公演がザ・シンフォニーホールや大阪市中央公会堂などで公演される。
参加する団体は大阪フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、大阪交響楽団、日本センチュリー交響楽団、Osaka Shion Wind Orchestraなど関西を中心に活動するオーケストラだ。

2016年の大阪クラシック 2016は9月6日から9月12日までの1週間開催。
大阪の町をクラシックの音色が包むこの音楽祭にぜひ足を運んでいただきたい。

大阪クラシック 2016が好きな方はこんなチケットもおすすめ