青春の痛みと情熱が呼び起こされる舞台「地獄のオルフェウス」はテネシー・ウィリアムズ渾身の傑作戯曲である。テネシー・ウィリアムズ(Tennessee Williams)は、アメリカ合衆国のミシシッピ州コロンバス、1911年生まれの劇作家はアメリカ現代演劇界に確固たる地位を築いた。彼のの作品によく現れるモチーフは環境の変化とそれに苦悶する人々である。これは彼の幼少期を紐解くとその作品作りの源泉がみえてくる。両親、姉弟とともに祖父の牧師館で生活していたが、父親は仕事であまり家におらず粗野で暴力的、さらには酒と賭博が好きで病気がちだったテネシーは失望されていた。さらに一家は彼が8歳の時に転居し、南部の穏やかな生活から工業都市のアパート暮らしに一変した。こういった理由から新しい環境にも家庭にも居場所がなかったテネシーの作品に出るキャラクターの多くは自叙伝的である。そんな彼が、絶頂期ともいえる1957年に発表したのが「地獄のオルフェウス」である。

地獄のオルフェウスの日程

158人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

地獄のオルフェウスの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

地獄のオルフェウスのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 00:00更新)

地獄のオルフェウスについて

地獄のオルフェウスの魅力とは

地獄のオルフェウスで描かれる、偏見と慣習に囚われた小さなコミュニティ。チケットを手にした観客は心が奪われる。そこには繊細な人物造形、人として生きる悩み、そして詩的なセリフがちりばめられている。「地獄のオルフェウス」の舞台チケットを見逃すな。

地獄のオルフェウスが好きな方はこんなチケットもおすすめ