おっ ぺれったは、アニメ「ONE PIECE」のルフィ役や「忍たま乱太郎」のきり丸役などで人気のある声優の田中真弓が歌手・声優の竹田えり、テアトル・エコー所属の俳優・脚本家の永井寛孝とともに1988年に結成した演劇ユニットだ。日常生活の中から生まれる笑いとペーソスを中心に、オペラでもミュージカルでもオペレッタでもない歌あり踊りありのコメディー音楽劇を披露し、人気を呼んでいる。制作を田中真弓、脚本・演出を永井寛孝、音楽を竹田えりが担当し、柴本浩行が振付け・演出家として加わっている。それぞれ俳優・声優として長いキャリアを持つ3人が中心になって繰り広げる「おっ ぺれった」の笑いと涙のドラマを楽しんでほしい。

おっ ぺれったの日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

おっ ぺれったの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

おっ ぺれったのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/22 00:00更新)

おっ ぺれったについて

笑いとペーソス溢れる音楽劇、おっ ぺれったの魅力とは

おっ ぺれったは、映画「天空の城ラピュタ」のパズー役をはじめ数々のアニメ・CMなどの声優として活躍している田中真弓が主宰する演劇集団。1988年に「ぺれるとき、ぺれれば…」で旗揚げし、日常生活の中にある笑いとペーソスを歌とダンスと芝居で表現し、注目を集めてきた。劇団テアトル・エコーに所属する俳優で演出・脚本家としても活動する永井寛孝、NHK教育テレビの歌のお姉さんを務めた経歴を持つ作曲家・歌手・声優の竹田えりとともに4半世紀におよぶ活動を続け、多くのファンを魅了してきた。小劇場に、コメディーに、生演奏にこだわりながら「細く長く」をモットーに公演を続けている。

1993年には永井寛孝作詞、竹田えり作曲の「なっとうをおいしくたべるには」が、フジテレビ系の子供向け番組「ひらけ!ポンキッキ」で放送され、視聴者から大きな反響を呼び、ポニーキャニオンからCD化されている。2017年1月には新作の笑歌劇「浅草であさはか」を上演、いまむらのりお、園部啓一、高乃 麗、麻宮良太、三ツ矢雄二などの豪華声優陣を客演に迎え、満員の会場を笑いと感動で包んだ。ミュージカルを超えた音楽笑劇「おっ ぺれった」の味わいのある愉快な舞台を楽しんでみたい。

おっ ぺれったが好きな方はこんなチケットもおすすめ