あの大鴉さえも」は東京芸術劇シアターイーストにて公演される舞台である。アングラ世代の戯曲に若手・気鋭の演出家が挑むことで人気を博している、東京芸術劇場の「RooTS」シリーズの公演、第4弾として行われる。原作は竹内銃一郎の傑作「あの大鴉さえも」であり、本来は男性3人芝居として書かれた作品である。しかし、今回この作品を演じるのは小林聡美、片桐はいり、藤田桃子という実力派かつ個性派の女優3人である。彼女たちが小野寺修二演出で生まれ変わった「あの大鴉さえも」をどのように表現してくれるのかが非常に楽しみである。全てが未知の要素に包まれている「あの大鴉さえも」の舞台、今から公演が待ち遠しい気持ちでいっぱいである。

あの大鴉さえも 舞台の日程

65人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

あの大鴉さえもの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

あの大鴉さえものチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 00:00更新)

舞台「あの大鴉さえも」について

舞台「あの大鴉さえも」とは

「あの大鴉さえも」は「アングラ世代の戯曲に若手・気鋭の演出家が挑む」というコンセプトで行われている、東京芸術劇場の「RooTS」シリーズの公演第4弾として行われる舞台である。

この「RooTS」シリーズ、過去には「ストリッパー物語」「狂人なおもて往生をとぐ」「書を捨てよ町へ出よう」が若手・気鋭の演出家によって「リメイク」されて演じられており、大好評を博している。今回の原作は1980年に発表された竹内銃一郎の「あの大鴉さえも 」である。
原作は届け先がわからぬままガラスを運ぶ男3人を描き、岸田戯曲賞を受賞した竹内銃一郎の代表作であるが、男性3人芝居として描かれていた原作に対し、今回この作品を演じるのは小林聡美、片桐はいり、藤田桃子という実力派かつ個性派の女優3人である。小野寺修二演出で「女性3人芝居」として生まれ変わった本作は最強の女優陣によってどのように表現されるのだろうか。

シュールで不条理な内容の世界観をどのように残し、どのように新しいテイストを加えていくのかなど興味は尽きない。
原作を知っている方でも知らない方でも楽しめる構成になっているであろう本舞台、ぜひ足を運んでいただきたい。

あの大鴉さえも 舞台が好きな方はこんなチケットもおすすめ