小野賢章は福岡県出身の俳優、声優、歌手。4歳のときに「忍者戦隊カクレンジャー」を見て「この世界に行きたい」と言うと、母親が児童劇団に連れて行ったという。小学4年生の頃に劇団四季のミュージカル「ライオン・キング」のヤングシンバ役のオーディションに合格。そして、「ライオン・キング」に小学5年生から中学1年生まで出演した。2001年からは、映画「ハリー・ポッター」の主人公であるハリー・ポッターの日本語吹き替えを10年間に渡って担当した。これを期に声優としても活躍するようになり、2012年のアニメ「黒子のバスケ」の主人公である黒子テツヤ役を演じるなど、数多くのアニメに出演している。それに類するゲーム作品などにも参加。今後さらに活躍するであろう彼か目が離せない。

小野賢章の日程

1,274人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

小野賢章のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/23 00:00更新)

小野賢章について

小野賢章の魅力とは

幼少期から、俳優としても声優としても活躍を見せてきた小野賢章。4歳のときに「忍者戦隊カクレンジャー」を見て「この世界に行きたい」と伝えると、母親が児童劇団に連れて行ったそう。小学生4年生の頃に劇団四季のミュージカル「ライオン・キング」のヤングシンバ役のオーディションに合格。小学5年生から中学1年生まで「ライオン・キング」に出演した。2001年に映画「ハリー・ポッター」の主人公であるハリー・ポッターの日本語吹き替えを10年間に渡って担当。これを期に声優としても活躍するうようになった。

2012年のアニメ「黒子のバスケ」の主人公・黒子テツヤ役を演じたことで人気を博す。以後も多くのアニメに参加し、2015年には「銀魂゜」や「攻殻機動隊 ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE」にも出演している。ゲーム作品やキャラクターソングなどにも参加。

声優活動をしながら、さらに舞台俳優としても活躍している。2017年10月にはTeam Unsuiによる第一回公演「レンコン」が公開。小野賢章の幼い頃から鍛え上げられた演技と声を味わうことができる。

小野賢章が好きな方はこんなチケットもおすすめ