舞台 鬼切丸伝 源平鬼絵巻取扱中!「鬼切丸伝 源平鬼絵巻」は、漫画家、楠桂の代表作とも言える人気漫画「鬼切丸伝」を原作とした舞台である。「鬼切丸伝」は、「鬼切丸」の続編。唯一鬼を殺すことができる神器名剣、鬼切丸を操る少年と鬼の戦いを描いた怪奇アクション作品だ。脚本・演出は、俳優、演出家、劇作家であり劇団ACTOR'S TRASH ASSHの主宰もしている松多壱岱。主演を務めるのは、ミュージカル「テニスの王子様」で7代目桃城 武役を演じて話題となった人気俳優の石渡真修。そのほか鵜飼主水、加藤真央、船岡 咲といった活気あふれるキャスト陣が名を連ねており、ステージを縦横無尽に動き回る。新たな切り口で表現する魑魅魍魎な世界を、そして奥深いストーリーを、ぜひとも劇場でお楽しみいただきたい。

舞台 鬼切丸伝 源平鬼絵巻

43人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

鬼切丸のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(1/20 18:00更新)

鬼切丸について

鬼切丸の魅力とは

漫画家の楠 桂は、15歳で第14回りぼん新人漫画賞で準入選を受賞。その後「何かが彼女にとりついた?」でデビュー。「八神くんの家庭の事情」などといった数々のヒット作を輩出している。そんな楠 桂が1992年から2001年まで少年サンデー超増刊号で連載していた「鬼切丸」。単行本は少年サンデーコミックスより全20巻が刊行、2006年11月には文庫版も出版された。OVA版も1994年から1995年に発売されるほどの人気作品だ。

続編となる「鬼切丸伝」は活躍の舞台を平安時代から江戸時代までを中心としており、その時代に生きた人物や史実を絡めた時代物として展開していく。舞台として繰り広げる「源平鬼絵巻」は、原作となる鬼切丸伝の第1巻「鬼切丸誕生秘話」、第2巻「武蔵坊弁慶の章」などをもとにしたオリジナルストーリーとなっている。人間の天敵とされる鬼を退治するために神が人間界に送り込んだ神仏の御子であり、鬼の肉を切り裂く神器名剣、鬼切丸を持って産まれた名もなき少年の戦いを、絢爛豪華に、かつ激しく表現する。

日本史にある奇妙な逸話の数々。闇に葬られたエピソードの裏には、鬼にまつわる真実が隠れている。その鬼と鬼切丸の少年たちが繰り広げる、終わりなき戦いの行方やいかに。

鬼切丸 舞台が好きな方はこんなチケットもおすすめ