鬼ヶ島は、2007年から活動しているお笑いトリオである。所属事務所は、プロダクション人力舎である。メンバーは、ボケ担当のアイアム野田と、リーダーのおおかわら、ツッコミ担当の和田 貴志の3人である。アイアム野田は1977年7月12日生まれ愛知県名古屋市出身、おおかわらは同年5月31日生まれ埼玉県蓮田市出身、和田は1978年8月17日生まれ神奈川県出身である。3人ともプロダクション人力舎の養成所であるスクールJCAの出身者であり、アイアム野田とおおかわらが7期生で、和田が8期生に当たる。芸風は主にコントとなり、共通して破天荒で支離滅裂な展開がウリとなる。型破りなネタを披露するため、鬼ヶ島のあとの舞台は「焼け野原」だと揶揄されることもあり、爆笑を総ざらいにすることもあれば、客席がとんでもない空気になることもある。

鬼ヶ島の日程

14人が登録中

現在登録されている公演はありません

あと7日 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

鬼ヶ島の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

鬼ヶ島のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/19 00:00更新)

鬼ヶ島について

鬼ヶ島の魅力とは

鬼ヶ島は、プロダクション人力舎に所属するお笑いトリオである。現メンバーでの活動は2007年からスタートしている。メンバーは、ボケ担当のアイアム野田、リーダーのおおかわら、ツッコミ担当の和田の3人である。3人全員がプロダクション人力舎の養成所スクールJCAの出身で、アイアム野田とおおかわらが7期生、和田が8期生である。

芸風はコントが中心となっており、コントの設定は学校の教室になることが多い。ネタは破天荒で自由と言われることが多く、唐突で支離滅裂な展開は、客席を凍りつかせるか爆笑を取りすぎるかのどちらかとなっている。3人のネタ後のステージを「焼け野原」だと揶揄される事もある。そのほかにも、時折見せるブラックユーモアも鬼ヶ島の特色と言える。決勝戦が全国放送され吉本興業主催のコント日本1を決める「キングオブコント」では、2011年に5位、2013年には準優勝を果たすなど実力派としても注目を集めている。また、2016年の映画「珍遊記」では、アイアム野田の出演に加え、おおかわらが初の映画脚本に携わり、脚本家としてデビューしている。ほかにもアイアム野田は、東京03の角田晃広と共に映画「ポエトリーエンジェル」に出演するなど、活躍の場を広げている。

鬼ヶ島が好きな方はこんなチケットもおすすめ