樹齢150年を優に超えるモミの大木。山の中から、選ばれた16本のモミだけが御柱となり、 里に曳き出され、7年毎の寅と申の年に諏訪大社の社殿の四隅に建てられる。 宝殿の造り替え、そして御柱を選び、山から曳き、境内に建てる一連の行事を「諏訪大社 御柱祭」と呼ぶ。諏訪地方の6市町村の氏子たちがこぞって参加して行われる「諏訪大社 御柱祭」。柱を山から里へ曳き出す「山出し」が4月に、神社までの道中を曳き、御柱を各社殿四隅に建てる「里曳き」が5月に、上社・下社それぞれで行われる。御柱祭にかける氏子の情熱は、昔も今も変わらない。日本人の熱いエネルギーの高ぶり、神聖な熱狂にあふれた稀少な祭りを間近で体感しよう。

諏訪大社 御柱祭の日程

107人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

御柱祭の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

御柱祭のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 00:00更新)

諏訪大社 御柱祭 について

諏訪大社 御柱祭 の魅力とは

御柱祭という神事を司る諏訪大社は、全国各地の諏訪神社の総本社であり、国内にある最 も古い神社の一つ。諏訪湖の周辺に4箇所の境内地を持っている。まず上社と下社に分かれ、諏訪市に上社本宮、茅野市に上社前宮があり、下諏訪町に下社春宮と下社秋宮がある。ご祭神である諏訪明神は古くは風・水の守護神で五穀豊穣を祈る神。「七年に一度の大祭」と言われているようになかなか目にすることができない「諏訪大社 大社 御柱祭」。

御柱そのものは、長さ約17m、直径1m余り、重さ約10トンの巨木。柱を山から里へ曳き出す「山出し」が4月に、神社までの道中を曳き、御柱を各社殿四隅に建てる「里曳き」が5月に、上社・下社それぞれで行われる。諏訪の人々は氏子として全精力を注いで16本(4社×4本)の柱を地区ごとに担当。御柱祭にかける氏子の情熱は、昔も今も変わらない。日本人の熱いエネルギーの高ぶり、神聖な熱狂にあふれた稀少な祭りを一度目にしてみませんか?

諏訪大社 御柱祭が好きな方はこんなチケットもおすすめ