大森靖子は、自称「超歌手」を名乗るシンガーソングライター。畳み掛けるような歌詞と独特の歌い方、サウンドを特徴としながらも次第に彼女の話題は口コミで広がり人気を獲得する。活動開始は2006年。2011年には「大森靖子&THEピンクトカレフ」というバンドを結成し活動するが、2014年にエイベックスと契約するまではどこにも所属せず活動をおこなっていた。その年に満を持してメジャーデビュー。その頃には既に各所で話題となり多数のライブなどに出演していた。彼女の風貌や楽曲は、ファンだけでなく多くのアーティストに大きな影響を与える。個性際立つアーティストでありながら高い人気を保持するのは、なかなか個性を主張できない日本人の憧れからなのかもしれない。

大森靖子の日程

600人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

大森靖子のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/24 18:00更新)

大森靖子について

大森靖子の魅力とは

大森靖子とは、キュートなルックスから放たれる強烈な個性が人気のシンガーソングライターだ。おおよそ現代の日本人が苦手とするはっきりとした感性が彼女の個性であり、人気を獲得することになる。サウンドにもしっかりと現れる個性は時折CDジャケットなどにも表現され、あえて他アーティストのオマージュとして決して真似できないことを成し遂げる。時として人々の怒りを買うこともあるが、それが彼女の大きな個性の一つとなっている。何かと話題のパフォーマンスも、彼女の独創的なアングラな世界を突き進んでいく歌詞の世界と、相反するようなポップなサウンドがあってこそのものだ。

自身で「超歌手」と名乗るほど唯一無二の存在感を放ってきた彼女。そこに人気がしっかりとついて回るのは、口だけではない確かな音楽性の存在にも一因する。言いたいこと、発信したいことを素直に歌詞に乗せ、そこに独特なサウンドをプラスすることで多くの者の心を鷲掴みにするのだ。

2012年頃には一気にメディアなどの露出が増え、同時にファンも急増。2014年にはメジャーデビュー、ワンマンライブを行えば満席御礼の大盛況となる。2014年に結婚を発表。公私ともに順調さを見せ、翌年には第一子が誕生した。2016年以降も精力的な音楽活動を展開。ツアーにアルバム発売にと自身の個性で日本を埋め尽くす活動は止まらない。新たなポップアイコンとして、今後さらに大きな注目を集めることは間違いないだろう。

大森靖子が好きな方はこんなチケットもおすすめ