OLEDICKFOGGY(オールディックフォギー)は、2003年に東京で結成された6人組ロックバンドである。メンバーは、伊藤雄和(Vo.,mand)、スージー(Gt.,Cho)、TAKE(wood Ba.)、 四條未来(banjo)、yossuxi(key.,acd.,Cho.)、大川順堂(Dr.,Cho)の 6人となる。ジャンルはミクスチャーロックで、パンクロックとケルト系民族の伝統音楽をまさにミックスさせた「ラスティック・ロック」に該当する。年間平均で約100回以上のライブ公演を全国各地で行なっており、それが新たなライブのオファーに繋がっている。2014年には映画「クローズEXPLODE」の挿入歌として、自身のワークソングの一つである代表曲「月になんて」が使用された。

OLEDICKFOGGYの日程

36人が登録中

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

OLEDICKFOGGYの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

OLEDICKFOGGYのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/30 00:00更新)

オールディックフォギーについて

オールディックフォギーの魅力とは

OLEDICKFOGGYは、パンクロックとケルト系民族の伝統音楽をミックスさせた「ラスティック」ロックバンドである。結成は2003年の東京で、メンバーは伊藤雄和(vo,mand)を中心に、スージー(Gt.,cho)、TAKE(wood ba.)、 四條未来(banjo)、yossuxi(key/,acd/,cho.)、大川順堂(Dr.,cho.)の 6人である。2014年には東出昌大、早乙女太一、勝地涼、柳楽優弥等が出演している映画「クローズEXPLODE」の挿入歌に、自身の代表曲「月になんて」が使用された。

ライブハウスでも積極的に活動しており、結成以来年間平均100回以上のライブをこなしている。2016年3月には5thアルバム「グッド・バイ」をリリースし、全国63会場を巡るツアーを敢行した。同ツアーの最終公演では、約1,300人を収容するTSUTAYA O-EASTでのワンマンライブを大成功させ、全国ツアーを終わらせた。同年8月には映像作家で映画監督の川口潤監督による、ドキュメンタリー映画「オールディックフォギー / 歯車にまどわされて」が劇場公開され、話題を呼んだ。今後の活躍が楽しみなロックバンドである。

OLEDICKFOGGYが好きな方はこんなチケットもおすすめ