奥田民生は、人気バンド・ユニコーンのボーカルとして活動開始し、その後ソロへ転身するなど多方面で活躍するアーティストである。バンドとしてもソロシンガーとしても多くのヒット作を世に放ち、後に人気ユニットPUFFYをプロデュースすることでも大きな話題を集めることになる。非常に才能豊かなアーティストであり、J-POPの立役者とも言われるほど。ソロとしては「イージュー★ライダー」「さすらい」などヒット作を連発しており、歌唱力やサウンド以上に人としての生き方に焦点を当てられることが多い。2017年には彼をモチーフとした映画「奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール」が公開される。さらに同年公開のアニメ映画「カーズ/クロスロード」の日本版主題歌を担当するなど現在も大きな注目を集めている。

奥田民生の日程

1,838人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

奥田民生のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(7/24 12:00更新)

奥田民生について

奥田民生の魅力とは

奥田民生とは国内のJ-POP界に大きな影響を与えたアーティスト。1989年のデビュー以来多方面で活躍をこなし、2017年にも新たな楽曲を披露し映画の主題歌にも選ばれるなどその才能はまだまだ衰えていない。

ユニコーンとしてデビューすると1990年代を代表するバンドにまで成長し、「大迷惑」「すばらしい日々」など多数のヒット曲を生み出した。1993年に同バンドは解散。翌年の1994年に「愛のために」を発表しソロデビューを果たした。この曲はミリオンセラーを記録する大ヒットとなり、奥田民生としての名前をさらに広めることになる。楽曲制作においては多方面で才能を発揮しており、ユニコーン時代にダウンタウンやウッチャンナンチャンが出演していたバラエティ「夢で逢えたら」の主題歌を担当。それが縁となりその後「ダウンタウンのごっつええ感じ」に出演するなどバラエティにも進出し人気タレントの仲間入りを果たす。

また他アーティストのプロデュースも積極的におこなっており、彼のプロデュースで有名なPUFFYや浜田雅功、木村カエラなどはあまりに有名だ。アーティストとしてもタレントとしても積極的な活動をおこない、岡村隆史と東野幸治の人気番組「旅猿」では自身のヒット曲「イージュー★ライダー」を自身で歌詞を変えて披露。豊かな才能にお遊び要素をうまく取り入れることで、周りと一線を画していく。日本を代表するアーティストとして今後の活躍を見守りたい。

奥田民生が好きな方はこんなチケットもおすすめ