沖仁は長野県出身のフラメンコギタリストだ。14歳の頃から独学でエレキギターをスタート。高校を卒業するとカナダでクラシックギターを学び、スペインと日本を渡り歩いた。1997年に日本フラメンコ協会主催新人公演にて奨励賞を受賞。2000年に石塚隆充とフラメンコユニット「Taka y Jin」を結成すると、自主制作での1stアルバム「Banco de Santiago」をリリースした。2002年には初のソロアルバム「ボリビアの朝 Una manana en Bolivia」を発表し、これは2008年にTONETONE RECORDSより再販されている。現在は主にソロとして活動しており、2017年もツアーなど精力的に活動している。

沖仁の日程

91人が登録中

あと10日 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

沖仁のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/16 06:00更新)

沖仁について

沖仁の魅力とは

沖仁はソロやユニットで活躍するフラメンコギター奏者だ。2002年に初のソロアルバム「ボリビアの朝 Una manana en Bolivia」をリリース。この時にフラメンコグループの「クアトロ・カミーノ」を結成すると、全国19か所を巡るツアーを敢行し、この模様を収録したライブビデオ「Caminando」も発売されている。2005年に2ndアルバム「New day to be seen」、2006年には3rdアルバム「Nacimiento〜誕生〜」をEMIミュージック・ジャパンよりリリースし、これによりメジャーデビューを飾った。2007年にNHK大河ドラマ「風林火山」に「風林火山〜巡礼紀〜」を提供したことを皮切りに、SoulJaの「ONE TIME feat. 一星 & 沖仁」、中森明菜 「La Vida」、JR東海のCM「マイ・フェイヴァリット・シングス」、BS-TBS「にっぽん歴史街道」テーマ曲「Viajero 〜旅立ちの日〜」など、これまでに数多くの楽曲を提供し、どれも好評を博している。現在はソロ活動を中心として、楽曲提供、プロデュースと幅広く活躍しており、2017年には「CONCERT TOUR 2017 Clásico」を開催する。

沖仁が好きな方はこんなチケットもおすすめ