岡崎体育(おかざき たいいく)とは1989年、兵庫県西宮市出身のソングライターである。2016年ソニー・ミュージックレーベルズのSME Recordsからメジャーデビュー。14歳の時にニンテンドーDSで発売されていた自分で作曲した曲を演奏できるソフト「大合奏バンドブラザーズ」で作曲を開始、その後数々の音楽を聴き、同志社大学入学後、バンドを結成するなど本格的に音楽の道に足を踏み入れた。2016年5月に発表されたメジャーアルバム「BASIN TECHNO」は新人としては異例のオリコンで週間9位デイリーで6位、iTunesのJ-POPアルバムチャートで1位を獲得するなど今話題のアーティストである。

岡崎体育の日程

235人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

岡崎体育のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 06:00更新)

岡崎体育について

ミュージックビデオがネットで話題に!岡崎体育の魅力とは

岡崎体育(おかざき たいいく)は現在最も注目を集めているアーティストといっても過言ではない。
2016年5月に発表されたファーストアルバム「BASIN TECHNO」はiTunes J-POPアルバムチャートでは1位を獲得するなどアイドルなどではない、アーティストとしては異例の売れ行きである。
そのファーストアルバム「BASIN TECHNO」に収録されている楽曲「MUSIC VIDEO」がネットでも話題になる秀逸な出来である。
「MUSIC VIDEO」は世間にありふれたミュージックビデオにありがちな演出やシチュエーションをあるあるネタにして歌った作品で誰もがアーティストのミュージックビデオで見たことのあるシチュエーションを的確に突っ込んでいる作品となっている。
楽曲と「MUSIC VIDEO」のミュージックビデオの映像のリンク感がすばらしくおもわず笑ってしまう。
ビデオ撮影も出演者は岡崎体育とマネージャー、撮影や監督は同じ中学校のテニス部の先輩後輩の関係にあった寿司くんが行い制作費はまさかの6万円であった。
低予算でも岡崎体育のセンスでここまでの仕上がりの作品になっているのは脱帽である。

現在、数々のメディアに露出を増やしてきている岡崎体育の楽曲をライブでぜひ味わってみよう。

岡崎体育が好きな方はこんなチケットもおすすめ