おいしくるメロンパンは、2015年に結成され、東京を拠点に活動する3ピースロックバンドだ。メンバーはナカシマ(Vo./Gt.)、峯岸翔雪(Ba.)、原駿太郎(Dr.)からなり、ナカシマがメロンパンをおいしく食べていた時に思いついたというバンド名は、「メロンパンが美味しい状態である」ことを表している。2016年にロッキング・オン主催のアマチュア・アーティスト・コンテスト「RO69JACK」の優勝アーティストとして、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016」に出演し、一躍注目のバンドとなる。アグレッシブなギターロックサウンドと一度聴いたら耳から離れないメランコリックなボーカルに注目してほしい。

おいしくるメロンパンの日程

251人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

おいしくるメロンパンの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

おいしくるメロンパンのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/21 12:00更新)

おいしくるメロンパンについて

ギターロックの新星、おいしくるメロンパンの魅力とは

ナカシマ(Vo./Gt.)、峯岸翔雪(Ba.)、原駿太郎(Dr.)の3人により、2015年9月に結成され、東京都内を拠点にライブ活動を展開するギターロックバンド・おいしくるメロンパン。透明感のあるギターロックと繊細なリリックで青春の心象風景を歌い、人気急上昇のバンドだ。

2016年夏に、ロッキング・オンが主催する「RO69JACK 2016 for ROCK IN JAPAN FESTIVAL」で優勝を果たし、全国的な知名度を獲得。ライブやフェスに精力的に出演し、ギター、ベース、ドラムだけのシンプルな構成で、エッジのきいたギターロックと淡く透き通った楽曲を披露し、オーディエンスを魅了している。2016年12月には、初の全国流通盤となる1st ミニアルバム「thirsty」を発表し、「RO69JACK」の優勝曲「色水」をはじめ「5月の呪い」「砂と少女」など、鮮烈なイマジネーションを掻き立てる歌詞とメランコリックなボーカルが話題を呼んでいる。

2017年4月にはアルバムリリースを記念した自主企画ツアー「水をおくれよ~」が開催される。オルタナティブなギターロックサウンドと水のように溢れる青春の初期衝動のイマージュが聴く者の心に突き刺さる。

おいしくるメロンパンが好きな方はこんなチケットもおすすめ