第49回 豊田おいでんまつり花火大会取扱中!豊田おいでんまつり花火大会は、愛知県豊田市で毎年夏におこなわれている花火大会である。昭和43年にはじまった「第1回豊田まつり」を起源にしている。豊田まつりは、豊田市民と県外からの人をつなぐ市民民謡大会と花火大会を中心に20年おこなわれた。その後、さらに楽しさと魅力アップを求めるため、1988年の第21回からまつりの内容を大幅変更し、現在の豊田おいでんまつりが誕生した。まつりで踊れるロックやディスコ調、民謡調のおいでん踊りは、多くの人が楽しめるものとなった。第40回大会から本格的に始まった参加型のまつり「マイタウンおいでん」と、選抜メンバーによる「おいでんファイナル」も必見だ。今年の夏は、豊田おいでんまつり花火大会で、踊りと花火の共演を楽しもう!

第49回 豊田おいでんまつり花火大会

74人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

豊田おいでんまつり花火大会のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(7/25 00:00更新)

豊田おいでんまつり花火大会について

豊田おいでんまつり花火大会の魅力とは

豊田おいでんまつり花火大会は、昭和43年からの豊田まつりを起源にする、愛知県豊田市の夏の花火大会である。地元のおいでん踊りと花火をより多くの人に楽しんでもらうため、時代の変遷とともに現在の形となった。主に「おいでん、みりん、おどろまい♪」という曲によって踊られるおいでん踊りと花火大会で構成されている。

おいでん踊りは、市民が編成する踊り連がオリジナルの衣装と振り付けで踊り、「マイタウンおいでん」と「おいでんファイナル」の2本立て構成となっている。踊り連は、6月に市内各地で「マイタウンおいでん」を踊り、7月に「マイタウンおいでん」から選抜されたメンバーが「おいでんファイナル」に参加する。豊田市民と県外の人をつなぐ、豊田市の魅力発信の場となっている。

もちろん花火も豪勢だ。2016年にはYahoo!特集2016「厳選!有名花火師が選ぶ、2016年のおすすめ花火大会10選」に3年連続第6位に選ばれるなど、全国的に高い評価を得ている。日本で著名な花火師による手筒花火やナイアガラ大瀑布、メロディ花火など、約13000発の花火が打ち上げられるため圧巻だ。今年は豊田おいでんまつり花火大会で、おいでん踊りと花火による、目が回るほどの熱気と活力を体感しよう。

豊田おいでんまつり花火大会 が好きな方はこんなチケットもおすすめ