「軽井沢大賀ホールClassics」は、軽井沢の絶景の中に佇む軽井沢大賀ホールで開催されるリサイタルのことである。毎年恒例となりつつある本公演は、圧倒的なテクニックを持つソリストたちによる華やかな演奏が楽しめるのが特徴の一つだ。2015年、2016年と続いて2017年の8月にも開催されることが決定。初日の公演にはピアニストの上原彩子が出演し、モーツァルトの曲をメインに披露する予定だ。そして2日目の公演には、ヴァイオリニストの大谷康子とピアニストの横山幸雄が出演し、モーツァルトの「ヴァイオリン・ソナタ第25番 ト長調 K.301」やショパンの「ポロネーズ第6番 英雄 変イ長調 Op.53」などを演奏する。この夏は、軽井沢で上質な音楽とともに優雅に過ごしてみてはいかがだろうか。

軽井沢大賀ホールClassicsの日程

9人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

軽井沢大賀ホールClassicsの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

軽井沢大賀ホールClassicsのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/25 18:00更新)

「軽井沢大賀ホールClassics」について

「軽井沢大賀ホールClassics」の魅力とは

「軽井沢大賀ホールClassics」は、軽井沢大賀ホールにて2015年から開催されている音楽会だ。トップアーティストたちが一堂に会し、上質な音楽を会場いっぱいに響かせてくれる公演となっている。

2015年の8月におこなわれた公演では、チェリストの宮田 大、ピアニストの木村 徹が息の合った競演を見せた。また、ヴァイオリニストの庄司紗矢香、ピアニストの岩崎淑も、圧倒的な演奏で客席を魅了。さらにピアニストの中村紘子やチェリストのヨーヨー・マなどもコンサートをおこない、会場につめかけたクラシックファンの心をつかんだ。大反響を呼んだこの公演は2016年も開催され、こちらも大好評を博す。三大テノールである笛田博昭、村上敏明、望月哲也が出演。さらにチェリストである堤 剛が「バッハ無伴奏チェロ組曲」を披露するなどし、公演は大盛況で幕を閉じた。

軽井沢という自然あふれるロケーションの中で極上の音楽を堪能できるひととき。贅沢な体験ができるのはこの「軽井沢大賀ホールClassics」ならではと言えるだろう。クラシック好きならもちろんのこと、観光で軽井沢に足を運んだという人にもきっと楽しんでもらえるはずだ。ぜひとも生の演奏を楽しんでもらいたい。

軽井沢大賀ホールClassicsが好きな方はこんなチケットもおすすめ