荻原 浩は埼玉県出身の推理小説家である。大学卒業後に就職した広告代理店を退社し後に独立。フリーライターへ転身すると築地に自身の事務所を設立。これまで書いてきた文章とは違い、誰にも邪魔をされない文章を書きたいという以降から小説を書き始めることとなった。1997年に初の長編小説「オロロ畑でつかまえて」が第10回小説すばる新人賞を受賞。これが小説家のデビュー作となる。その後、荻原 浩は「ハードボイルド・エッグ」で初のミステリーに挑戦。小説の連載が決まったことで専業作家となることになった。2004年に発表された「明日の記憶」は映画化され、2016年「海の見える理髪店」では第155回直木三十五賞を受賞している。

荻原浩の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

荻原 浩について

荻原 浩とは

推理小説家である荻原 浩。大学卒業後に就職した広告代理店を辞め独立。フリーライターへ転身すると築地に自身の事務所を設立。
これまで書いてきた文章とは違い、誰にも邪魔をされない文章を書きたいという意向から小説を書き始めることとなった。

1997年に初の長編小説「オロロ畑でつかまえて」が第10回小説すばる新人賞を受賞。これが小説家のデビューとなった。その後「ハードボイルド・エッグ」で初のミステリーに挑戦。小説の連載が決まったことで専業作家へ。2004年に若年性アルツハイマーをテーマに発表した「明日の記憶」は第2回本屋大賞の第2位に、そしてその後、第18回山本周五郎賞を獲得すると、今やすっかりハリウッド俳優としてお馴染の渡辺 謙主演、「20世紀少年 3部作」などで知られる堤 幸彦監督で映画化され話題となった。
2011年、「砂の王国」で第144回直木三十五賞候補に、2014年「二千七百の夏と冬」で第5回山田風太郎賞受賞。2016年「海の見える理髪店」で第155回直木三十五賞受賞している。

荻原 浩の小説は推理物から始まり毎回ガラリと作風が変わるのが特徴で、非常にその幅が広いことで知られる作家。それ故にファンは新作へ熱い期待を寄せている。

荻原浩が好きな方はこんなチケットもおすすめ