小川典子は、主にイギリスと日本を拠点に世界各国をまわるピアニストである。1983年に「第2回日本国際音楽コンクール」で2位となり、1987年には「リーズ国際ピアノコンクール」で3位を獲得。国際的な演奏活動を始めた。1997年にはスウェーデンのクラシック音楽レーベルであるBISレコードの専属レコーディングアーティストとなった。BISでは30枚に及ぶCDをリリースしており、2012年には「ドビュッシー・ピアノ全曲作品集」や「モーツァルト ピアノ・ソナタ集」を発売し、モーツァルトのCDはレコード芸術誌特選盤にも選出された。また、自身が演奏するドビュッシーの映像がイギリスの名門番組の「CD Review」において、評論家の最高の推薦録音として、数々の名演の中からトップチョイスに選出されたことでも大きな注目を集めた。

小川典子の日程

3人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

小川典子について

小川典子の魅力とは

ロンドンのギルドホール音楽院で教授、東京音楽大学では客員教授を務めるなど、自身の経験を通じて教育活動にも力を入れている小川典子。2016年にはモスクワ国立交響楽団、BBC交響楽団と共演したり、「日本音楽コンクール」、「シドニー国際」、「モトラム国際コンクール」で審査員を務めるなど、その活動は多岐にわたる。2016年の2月には「第10回浜松国際ピアノコンクール」で審査委員長に就任するなど、ピアニストとしてだけでなくそのピアノの奏でる音を聴き分ける肥えた耳も評価されている。

そんな彼女は、「ジェイミーのコンサート」という自閉症児者や障がい児者と暮らしているご両親など、さまざまな理由で夜のコンサートに通うことができない方々を対象としたコンサートを開いており、この活動が観客にもたらすものは何なのかについてミリアム・ジェームス博士と共に学術調査研究をおこなっている。

国際的なピアニストとして活動を始めてから30年を迎えた彼女。実力はもちろんのこと、人気も相まって高い信頼を獲得してきた。彼女だからこそできる曲の本質を追究した音楽表現を、ぜひ彼女のコンサートや作品集を通じて体感していただきたい。

小川典子が好きな方はこんなチケットもおすすめ