尾高詩音里は長野県塩尻市出身のヴァイオリニストだ。日本で初めて美術学部と音楽学部を備えた公立芸術大学として知られる愛知県立芸術大学卒業で同大学の研究科を修了している。大学の第44回卒業演奏会や第35回読売中部新人演奏会、長野県新人演奏会、松本文化会館新人演奏会に出演。2013年には足木かよ、森 有加、近藤悠叶らによるLuire Chaton Quartet(リュイール・シャトン・クァルテット)にヴィオラとして参加。様々なリサイタルを各所で開催し、チケットは完売するなど好評を博している。現在、尾高詩音里は愛知県を中心にソロで活動し、室内楽各分野でも演奏を行い、後進の指導にあたるなど精力的に活動している。

尾高詩音里の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

尾高詩音里について

尾高詩音里とは

尾高詩音里は長野県塩尻市出身のヴァイオリニスト。日本で初めて美術学部と音楽学部を備えた公立芸術大学として知られる愛知県立芸術大学卒業で同大学の研究科を修了している。
大学の第44回卒業演奏会や第35回読売中部新人演奏会、長野県新人演奏会、松本文化会館新人演奏会に出演。2013年には足木かよ、森 有加、近藤悠叶らによるLuire Chaton Quartet(リュイール・シャトン・クァルテット)にヴィオラとして参加している。このLuire Chaton Quartetは2008年に大学の室内楽の授業をきっかけに結成され、Phoenix OSAQA2009のジャパン・ストリング・クァルテットのレッスンを受講し、修了コンサートに出演したユニットだ。メンバーの留学で一時活動を休止していたが、尾高詩音里の加入により再び活動を開始した。

数々の大学で教鞭を執る百武由紀や愛知県立芸術大学の准教授の桐山建志、新日本フィルハーモニー交響楽団首席奏者の花崎 薫、その他、D.ノーラン、白石禮子、故奥田一夫など各氏に師事し、より深く音楽を追求。2016年には彦根の音楽家を支援する会 第5回演奏会 Happy Valentine Concert 「弦楽四重奏の贈り物」を開催している。

尾高詩音里が好きな方はこんなチケットもおすすめ