十月大歌舞伎取扱中!十月大歌舞伎は、十七世中村勘三郎と十ハ世中村勘三郎の追善興行として上演される歌舞伎である。十七世中村勘三郎に引き続き、牽引役の一人と目されていた十八世勘三郎の死は歌舞伎界にとどまらず、各界各方面から偉大なる能力が失われることを惜しまれた。2017年10月、「芸術祭十月大歌舞伎」が歌舞伎座で上演される。昼の部は日印友好交流年記念として、「新作歌舞伎 極付印度伝 マハーバーラタ戦記(まはーばーらたせんき)」、夜の部は一、「沓手鳥孤城落月(ほととぎすこじょうのらくげつ)大阪城内奥殿」二、「漢人韓文手管始(かんじんかんもんてくだのはじまり)」、三、「秋の色種(あきのいろくさ)」が上演される。玉三郎、鴈治郎、七之助、松也などが出演する。今歌舞伎は新作歌舞伎も上演され、どんな舞台になるか注目したい。

十月大歌舞伎

251人が登録中

すべての公演 出品中 (0) リクエスト中 (0)

もっと見る(50件) 閉じる

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

十月大歌舞伎の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

十月大歌舞伎のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/23 00:00更新)

十月大歌舞伎について

十月大歌舞伎の魅力とは

"十月大歌舞伎は、「芸術祭十月大歌舞伎」として公演される歌舞伎である。

昼の部「新作歌舞伎 極付印度伝 マハーバーラタ戦記(まはーばーらたせんき)」は、3年前のアヴィニヨン演劇祭で「マハーバーラタ~ナラ王の冒険~」を上演した宮城聰が演出、脚本はテレビドラマや舞台などで活躍する青木豪が務める。また世界三大叙事詩の1つ、インド抒事詩「マハーバーラタ」が新作歌舞伎として上演、主演は迦楼奈(かるな)/シヴァ神役を尾上菊之助、汲手姫(くんてぃひめ)役を時蔵、帝釈天役を鴈治郎、鶴妖朶王女(づるようだおうじょ)役を七之助、阿龍樹雷王子(あるじゅらおうじ)/梵天役を松也などが演じる。古代インドの神話的叙事詩として「マハーバーラタ」とは、マハー=偉大な、バーラタ=バラタ族、偉大なバラタ族の話である。

夜の部一、「沓手鳥孤城落月(ほととぎすこじょうのらくげつ)大阪城内奥殿」は、淀の方役を玉三郎、豊臣秀頼役を七之助、大野修理之亮役を松也、氏家内膳役を彦三郎、正栄尼役を萬次郎が務める。 二、「漢人韓文手管始(かんじんかんもんてくだのはじまり)」は、十木伝七役を鴈治郎、傾城高尾役を七之助、奴光平役を松也、幸才典蔵役を芝翫が務める。三、「秋の色種(あきのいろくさ)」は、女役を玉三郎が務め、夜の部は三演目上演される。

十七世中村勘三郎三十回忌と十ハ世中村勘三郎六回忌の追悼の意を込めて出演者が演ずる「芸術祭十月大歌舞伎」を体感しに、会場に足を運んでみてはいかがだろうか? "

十月大歌舞伎が好きな方はこんなチケットもおすすめ