スペイン国立管弦楽団は、スペインのマドリードを拠点とするオーケストラ。スペイン国内の内戦が終結した後、1942年に戦前のマドリッド市内のオーケストラを再編して設立された。2014年からダーヴィト・アフカムが主席指揮者を務めている。スペイン国立管弦楽団は2016年には26年ぶりの来日となる公演がアントニオ・メンデスの指揮でピアノにジュディット・ハウレギ、ギターにパブロ・ヴィレガスが出演する。7月21日にサントリーホール、7月28日に京都コンサートホール、8月1日に熊本県立劇場コンサートホールで上演される。プログラムとしてはビゼー/カルメン組曲より、ロドリーゴ/アランフェス協奏曲、ファリャ/スペインの庭の夜、ラヴェル/ボレロが予定されている。

スペイン国立管弦楽団の日程

48人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

スペイン国立管弦楽団の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

スペイン国立管弦楽団のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 18:00更新)

スペイン国立管弦楽団 について

スペイン国立管弦楽団 の魅力とは

スペイン国立管弦楽団は、スペインのマドリードを拠点とするオーケストラ。別名エスパーニャ国立管弦楽団とも呼ばれる。スペイン国内の内戦が終結した後、1942年に戦前のマドリッド市内のオーケストラを再編して設立された、専用の合唱団を持つ大規模なオーケストラだ。 スペイン国立管弦楽団の総指揮はアタウルフォ・アルヘンタ、ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス、へへス・ロペス・コボスなどが努めてきた。2014年からダーヴィト・アフカムが主席指揮者を務めている。CDはロドリーゴ/アランフェス協奏曲,KING TWIN BEST SERIES/クラシック・ギター名曲 ベスト ナルシソ・イエペス ギターの魅力など国内で発売されているCDの作品もある。

2016年には26年ぶりの来日となる。公演が7月21日にアントニオ・メンデスの指揮でピアノにジュディット・ハウレギ、ギターにパブロ・ヴィレガスが出演する。

サントリーホール、7月28日に京都コンサートホール、8月1日に熊本県立劇場コンサートホールで上演される。プログラムとしてはビゼー/カルメン組曲より、ロドリーゴ/アランフェス協奏曲、ファリャ/スペインの庭の夜、ラヴェル/ボレロが予定されている。

スペイン国立管弦楽団が好きな方はこんなチケットもおすすめ