大槻ケンヂとはミュージシャン、作家、評論家など多彩な顔を持つアーティストである。幼い頃からロックバンドへの強い憧れがあり、多くのアーティストから影響を受ける。そして1982年に中学からの同級生であり共に音楽の影響を受けてきた内田雄一郎とバンド・筋肉少女帯を結成。1988年に同バンドにてメジャーデビューを果たし本格的な活動を開始する。アーティストとして活躍すると同時に1990年代には小説などの執筆活動もスタート。他アーティストへの楽曲提供など幅広くアーティストとして活動しながら、次第にそのキャラクターに焦点が当たりバラエティー番組への出演も多くなる。その際には顔に特徴的なメイクを施すなどアーティストとしての存在を忘れさせることはない。

大槻ケンヂの日程

172人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

大槻ケンヂのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/23 06:00更新)

大槻ケンヂについて

大槻ケンヂの魅力とは

大槻ケンヂとは、ロックから作家、テレビ番組出演に加え特徴的なメイクで存在感を醸し出すアーティストである。サブカルチャーに精通しており、それにより多くのテレビ出演や評論を展開している。特に本人が愛してやまないのはUFOを中心とした超常現象であり、そこには並々ならぬこだわりを持っている。

バラエティ番組からテレビドラマ、映画など多彩な活躍を行っているが、もともとはロックバンド・筋肉少女帯として活動していた。筋肉少女帯は1988年にメジャーデビューを果たし、当初から宣伝として多くのメディアに出演する。その後筋肉少女帯を脱退するも他バンド活動を多く行い、参加したバンドは多岐に渡っている。自身のソロライブイベントも積極的に行っており、アーティストとしては実に幅広い活動を見せている。

興味は尽きることなく他にも映画、漫画、小説、特撮に格闘技など非常に多くの物事に関わっている。彼の特徴として、そういった興味のある分野への積極的な活動が挙げられる。格闘技の大会へ足を運ぶだけでなく空手を習い試合へ出場、学校をサボって映画に通いつめ、自身で小説を執筆。現在の多岐に渡る活動の原点はこの多大な好奇心にあるとのではないだろうか。ジャンルを問わず、そして上手い下手関係なく、やりたいことへの欲求に正直になる実践的アーティストは、彼のほかにはいないだろう。

大槻ケンヂが好きな方はこんなチケットもおすすめ