博多座十一月花形歌舞伎「石川五右衛門」は、安土桃山時代に生きた大泥棒・五右衛門を描いた花形歌舞伎である。花形歌舞伎は、歌舞伎のベテラン俳優が揃って出演する「大歌舞伎」と異なり、若手の幹部俳優が中心となって上演される。今回の花形歌舞伎「石川五右衛門」には、市川海老蔵(五右衛門), 市川右近(豊臣秀吉)、中村獅童(ワンハン)、 片岡孝太郎(茶々)など名実兼ね備えた若手俳優の出演が決定している。現在に至るまで、浄瑠璃や歌舞伎の演題として愛されてきた「石川五衛門」の物語。2009年には「五右衛門と秀吉は父子だった」という新解釈で話題を博した作品が、海を越えた冒険譚として戻ってきた。ワンハンに連れ去られた茶々を取り戻すため、五右衛門は大陸を超えた旅に出る。果たして五右衛門は、彼女を無事に連れて帰ることができるのだろうか。

十一月花形歌舞伎の日程

235人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

十一月花形歌舞伎 市川猿之助の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

十一月花形歌舞伎 市川猿之助のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 18:00更新)

博多座十一月花形歌舞伎「石川五右衛門」について

博多座十一月花形歌舞伎「石川五右衛門」の魅力とは

博多座十一月花形歌舞伎「石川五右衛門」は、主演・市川海老蔵による花形歌舞伎だ。物語の主人公は、安土桃山時代に生きた大泥棒・五右衛門である。彼は豊臣秀吉の宝を盗み出した義賊で、最期は子どもと共に釜茹でにされて処刑されたと言い伝えられている。しかし実際の行動に関する史実は少なく、これまで様々な形で浄瑠璃や歌舞伎の演題としてとりあげられてきた。

今回の作品は、大海原を超えて紡がれる新たな物語となっている。天下の義賊・五右衛門(市川海老蔵)は、豊臣秀吉(市川右近)が寵愛する茶々(片岡孝太郎)と恋に落ち、一子をもうける。その後茶々に贈った銀煙管から、五右衛門と秀吉は親子であることが判明、秀吉は自分の後を継ぐ孫ができたと喜ぶのだった。しかしその頃中国北東部では、悪逆非道の男・ワンハン(中村獅童)が日本に理想の女性がいると聞きつけ、茶々を連れ去ってしまう。怒りに満ちだ五右衛門は彼女を取り戻すため、海を越えて大陸に向かう…!海老蔵は名台詞「絶景かな」に新たな意味を吹き込み、大海原を越えて大陸を舞台とした冒険譚が誕生させた。壮大なスケールで贈る新たな歌舞伎「石川五右衛門」は必見だ。

十一月花形歌舞伎が好きな方はこんなチケットもおすすめ