「上諏訪街道呑みあるき」は若い商店主たちの街作り団体「上諏訪街道21」が立ち上げた「飲み歩き」や「食べ歩き」を行うイベントである。1998年より開催されており、2014年からは「呑みあるき実行委員会」が運営に当たっている。毎年3月と9月、10月に開催されている。特に大きく宣伝をすることなく開始された企画であったが、口コミだけで毎回1000人以上も参加するようになった。日本酒好きにはたまらないイベントであり、県外からも多数の参加者が集まり、まだまだ人気を高めている。甲州街道の僅か500メートルに並ぶ、信州舞姫、麗人、本金、横笛、真澄の5件の酒蔵を回る。試飲の他にコーヒー・ジュース・はちみつ・豚汁などを味わいながら歩くので、お酒が飲めない人でも楽しめる。

上諏訪街道呑みあるきの日程

6人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

上諏訪街道呑みあるきの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

上諏訪街道呑みあるきのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/21 12:00更新)

上諏訪街道呑みあるきについて

上諏訪街道呑みあるきの魅力とは

「上諏訪街道呑みあるき」は若い商店主たちの街作り団体「上諏訪街道21」が立ち上げた「飲み歩き」や「食べ歩き」を行うイベントである。1998年から開催されており、2014年からは「呑みあるき実行委員会」が運営にあたっている。毎年の3月と9月10月に開催されている。特に大きく宣伝することなく始まった企画であったが、口コミだけで毎年1000人以上が来場した。日本酒好きにはたまらないイベントであり、県外からも多数の参加者が集まり、更なる人気を獲得し続けている。甲州街道の僅か500メートルに並ぶ5件を回る。信濃路の銘酒 進化する酒蔵「信州舞姫」、寛政元年創業 歴史と水の倉「麗人」、笑顔をつくる酒 最高の一杯を目指して「本金」、職人の技が織り成す 神秘の雫「横笛」、1662年創業の老舗酒蔵「真澄」とどれも名高き酒蔵が軒を連ねており、それぞれの店の酒の味に驚くことは間違い無い。なお、試飲の他にもコーヒー・ジュース・はちみつ・豚汁などを味わいながら歩くことも出来るため、お酒が飲めない人でも楽しめるようになっている。2013年からは「他の時でも飲み歩きがしたい」という要望に応えて、「いつでもごくらく酒蔵めぐり」も行われている。

上諏訪街道呑みあるきが好きな方はこんなチケットもおすすめ