NHKのど自慢は1946年の初回放送より今日に至るまで、NHKで放送されている視聴者参加型の生放送音楽番組である。日本全国を巡業しており、毎週日曜日のお昼の時間帯に各地の文化会館などから放送しているのが特徴である。参加者はステージに上がり、自分が歌唱する曲名を宣言した後、伴奏に合わせて歌を歌いだすが途中で、番組内では「鐘」と呼ばれる「チューブラーベル」の音によりそこまでの歌の総合審査がおこなわれる。参加者全員の審査が終わった後にゲスト歌手が曲を歌い、総合的な審査結果の発表がおこなわれる。美空ひばり北島三郎ジェロ三山ひろしなど同番組に出場後プロデビューした歌手も多数存在している。

NHKのど自慢の日程

104人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

NHKのど自慢のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/2 18:00更新)

NHKのど自慢について

NHKのど自慢とは

NHKのど自慢は視聴者参加型の生放送音楽番組である。1946年に放送が始まったが2016年に至るまで70年も続いている長寿番組である。
毎週日曜日お昼に、日本各地の文化会館などから生放送でいわゆる「のど自慢」の方々の歌声をお茶の間にお届けするという構成になっている。しかし彼らのど自慢を待ち受けているのは「鐘の音」による審判である。会場とは別の場所に控えている審査員が参加者の歌を「総合的に」判断してそこまでの審査を下すのだ。
番組内では「鐘」と呼ばれている「チューブラーベル」の音が「ド」もしくは「ド・レ」ならば残念ながら不合格。「ドシラソドシラソドーミーレー」というようにチューブラーベルの音が鳴った場合は見事合格である。
ちなみに合格の場合でも不合格の場合でも鐘の音が鳴るタイミングで伴奏は止められてしまうため、長い番組の歴史の中でも1曲まるまる歌いきった人というのはまだ現れていない。
小学生ぐらいの小さな子からお年を召した方まで、様々な方が壇上に上がって歌を披露し鐘の音に一喜一憂する様は見ていてどこかホッとするような懐かしい雰囲気を漂わせている。NHKの名物番組として今後ずっと続いていってほしい番組である。

NHKのど自慢が好きな方はこんなチケットもおすすめ