平成ノブシコブシとは吉本興業所属のお笑い芸人である。2000年から活動を開始、コントや漫才で実力を発揮しながら、個々のキャラクターがこうじてバラエティ番組などのテレビ出演も増えお茶の間での人気を獲得する。終始せわしなく動き回るネタを多く持ち、コント漫才問わず豪快さが持ち味。その破天荒さはキャラクターにも現れており、ボケ担当吉村は自身を破天荒芸人と自称、その武勇伝は数多く存在する。しかしそのほとんどが自称であり実質何も成し遂げられていないという。一方ツッコミ担当の徳井はネタ中も出演するバラエティ番組でも静かに佇むことが多い。しかし実はかなりの天然で吉村に負けじと破天荒なエピソードを持っている。活動は実に多彩で本業である漫才、コントからテレビ出演、雑誌の連載とその勢いが留まることはない。

平成ノブシコブシの日程

64人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

平成ノブシコブシのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(7/28 18:00更新)

平成ノブシコブシについて

平成ノブシコブシの魅力とは

平成ノブシコブシとは2000年に結成されたお笑い芸人。ボケ担当の吉村とツッコミ担当の徳井からなる人気の漫才師である。同期の芸人がそうそうたるメンバーでありながらも一定以上の人気を獲得した実力派。その同期には「ピース」「キングコング」「NON STYLE」などがいる。

ボケ担当は吉村崇。自称破天荒でありながら実は小心者。そして優しさも持ち合わせるがそれを隠すように出演するバラエティ番組などで暴れまわる姿も目撃される。「ビジネス破天荒」と厳しいツッコミを入れられることもある。ツッコミ担当は徳井。相方とはうって変わって天然破天荒であり数々の名言を残している。その一部が「消費者金融=チャンス屋さん」や「家族死んだら食ってやりたい」というもの。時にはロケで何の躊躇もなく虫の幼虫を旨い旨いと頬張る姿も。その人気は結成数年で頭角を現す。結成6年目に開催した単独ライブはチケットが即完売。翌年のライブでも同じく即完売となる。本格的にお茶の間にその存在が知れ渡ったのは「(株)世界衝撃映像社」によるロケ。ここでブレイクを果たすもその後暴露事件や同期の芸人との確執など炎上騒ぎが続くことになる。しかしその炎上騒ぎでさえネタにして番組出演を果たすなど実力と話題には事欠かない芸人である。

平成ノブシコブシが好きな方はこんなチケットもおすすめ