プロレスリング・ノア取扱中!プロレスリングノアは、プロレス団体である。2000年6月全日本プロレスの運営に不満を抱いていた所属選手が三沢を中心に一致団結し、総勢50名が離脱した。離脱3日後の6月三沢が初代代表取締役社長に就任しノアを設立。同年8月には旗揚げ戦として東京・江東区にあるディファ有明で開催。旗揚げ戦込みの3会場のチケット6000枚は注目度も高く1時間で完売した。翌年2001年には初の日本武道館大会を開催している。2004年には東京ドームでの「Departure 2004」を開催。2006年と2007年には年に7回日本武道館大会を開催している。プロレス団体としてはかなり注目度も高く日本テレビでは全国ネットでの放映権を確保しており他のキー局も放映権に名乗りを挙げるほどの人気ぶりであった。

プロレスリング・ノア

175人が登録中

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

プロレスリングノアのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/18 12:00更新)

プロレスリングノアについて

プロレスリングノアの魅力とは

プロレスリングノアは、2000年全日本プロレスから離脱した選手で構成されたプロレス団体である。社長の三沢光春は、中学2年の時にテレビで全日本プロレスの中継を見ていて、面白そうと思いプロレスラーを志すようになった。高校時代にはレスリングで基礎を積み卒業後の1981年3月全日本プロレスに入団し、同年8月にはデビュー。入門から5ヵ月でのデビューはプロレス史上最速であった。1984年には2代目タイガーマスク、1990年に超世代軍を結成、1993年にはプロレス四天王の一人と称えられた。全日本プロレスを脱退しノアを設立。旗揚げ後の三沢は体調が芳しくない状態だったが試合に出続けノアを支えていた。2009年6月には取材に対して体がしんどい事を語っており、取材の4日後に広島での試合中、齋藤彰俊の急角度バックドロップを受けた後、意識不明となり死亡した。人事が一新されたが、三沢の死亡・日本テレビの地上波撤退・小橋健太の病気やケガからの引退・詐欺事件など不測の事態が絡み合い、観客動員の減少や他のプロレス団体の躍進もあり苦戦を強いられている。2017年2月には破産手続きを行いアメリカのGFWと業務提携を結んだことを発表している。

プロレスリングノアが好きな方はこんなチケットもおすすめ