新日本フィルハーモニー交響楽団は、小澤征爾のもと1972年に創立した自主運営のオーケストラ。フジテレビと文化放送が運営していた日本フィルハーモニー交響楽団から分裂した楽団である。1997年より東京都墨田区と日本初の本格的フランチャイズ契約を結んだ。活動の本拠地をすみだトリフォニーホールとし、日常の練習と公演を同じ場所で行える環境となっている。またサントリーホールでの定期・特別演奏会や、小中学校などでの演奏活動も行っている。指揮者として宮崎 駿作品の音楽を手がけていることで有名な久石 譲や、ダニエル・ハーディングを迎えており、その中でも創立者である小澤征爾は桂冠名誉指揮者が贈られている。新日本フィルハーモニー交響楽団は“常に新しい音楽性を探求する日本のオーケストラ”として注目されている。

新日本フィルハーモニー交響楽団の日程

514人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

新日本フィルハーモニー交響楽団のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 18:00更新)

新日本フィルハーモニー交響楽団について

新日本フィルハーモニー交響楽団とは

新日本フィルハーモニー交響楽団は、自主運営のオーケストラ。フジテレビと文化放送が運営していた日本フィルハーモニー交響楽団から分裂し、小澤征爾が1972年に創立した楽団である。1997年より東京都墨田区と日本初の本格的フランチャイズ契約を結び、活動の本拠地をすみだトリフォニーホールとなる。日常の練習をするホールで本番の公演ができる環境だ。またサントリーホールでの定期・特別演奏会や、小中学校などでの演奏活動も精力的に開催している。

久石 譲を音楽監督に迎え2004年に立ち上げた、新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラは、ジャンルに捉われない様々なテーマでのコンサートが高く評価されている。同公演は2016年に全国ツアーも開催される予定だ。またジブリ映画とのコラボレーションとして「千と千尋の神隠し」や「ハウルの動く城」では管弦楽を担当し、活動の場を広げた。

桂冠名誉指揮者である小澤征爾をはじめ、指揮者としてロンドン交響楽団などメジャーオーケストラで活躍しているダニエル・ハーディングをMusic Partner of NJPとして迎えており、一流の指揮者とオーケストラの演奏が体感できる。
アーティスティック・アドヴァイザーを務め、2016年9月に第4代音楽監督に就任する上岡敏之が指揮を務める「サマーコンサート2016」がおこなわれる。
彼の高い音楽性と、きめ細かい解釈を体感するためにも、会場に足を運んでみてはいかがだろうか。

新日本フィルハーモニー交響楽団が好きな方はこんなチケットもおすすめ