「NISMO FESTIVAL」は、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社主催で開催されるモータースポーツフェスティバルである。1997年にスタートし、メーカーのモータースポーツフェスティバルとしては草分け的存在にもなっている。今年で19回目の開催となる「NISMO FESTIVAL 2016」では、会場である富士スピードウェイが1966年のオープンから50周年のメモリアルとなるため、富士にゆかりのある日産の歴代レーシングカーの展示やレーシングコースの走行コンテンツなど期待大の企画が盛り沢山となっている。また、国内外の日産系現役レーシングドライバーや監督、レジェンドドライバー、レースクイーンも集結しトークショーやサイン会なども開催予定だ。日産ファンはもちろん、車好きな方は是非ニスモフェスに足を運んでみてはどうか。

ニスモフェスティバルの日程

57人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ニスモフェスティバルのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 12:00更新)

「NISMO FESTIVAL 2016」について

ニスモフェスティバルの魅力とは

ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社が主催するモータースポーツフェスティバルが今年も、「NISMO FESTIVAL 2016」として12月に開催される。1997年の初開催から19回目の開催を迎える同イベントだが、メーカーのモータースポーツフェスティバルとしては草分け的存在になっており、過去には長谷見昌弘や星野一義など日本レーシング界を牽引してきたドライバーの引退イベントの場ともなった。

「NISMO FESTIVAL 2016」では、富士スピードウェイの50周年を彩るにふさわしく日産の歴代レーシングカーの展示はもちろんのこと、日産が保管する伝説のレーシングカーが多数走行するなどのコンテンツが多数企画されている。更には、国内外の日産系現役レーシングドライバーや監督、レジェンドドライバー、レースクイーンも集結しトークショーやサイン会なども開催予定となっておりファンにはたまらないフェスになるだろう。

「MARCH」、「NOTE」、「ELGLAND」、「X-TRAIL」など現在でも多くの人が乗っている人気の大衆車のレーシング走行や「SKYLINE」や「CHERRY」など多くのファンをもつ車種の展示や同乗走行体験なども要注目。日産、ニスモファンだけでなく、クルマ好きという方には是非とも足を運んで欲しい「NISMO FESTIVAL」。チケットは完売が予想されるため、早めに手に入れておこう。

ニスモフェスティバルが好きな方はこんなチケットもおすすめ