西山 瞳(NHORHM)は「女性版エンリコ・ピエラヌンツィ」と謳われるジャズピアニストである。幼少期よりクラシックピアノを学び、18歳の時にジャズピアノに転向。音楽大学在学中より活動をスタートさせている。2004年には自主制作となるアルバム「アイム・ミッシング・ユー」を制作し、同年に全国発売となった。2006年にはトリオでレコーディングに挑んだ「キュービウム」をリリースしデビューを飾っている。翌2007年にはストックホルム・ジャズフェスティバルに招聘され、現地メディアで取り上げられその実力を伺わせている。西山 瞳(NHORHM)は非常に意欲的な作品に積極的に取り組むことでも知られており、今後の活動にも期待が寄せられている。

西山瞳(NHORHM)の日程

2人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

西山瞳の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

西山瞳のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 18:00更新)

西山瞳について

西山瞳の魅力とは

「女性版エンリコ・ピエラヌンツィ」と謳われるジャズピアニスト 西山 瞳(NHORHM)。音楽大学在学中より活動をスタートした西山は、2006年にトリオでレコーディングに挑んだ「キュービウム」をリリースしデビューを飾っている。翌2007年にはストックホルム・ジャズフェスティバルに招聘され、現地メディアで取り上げられている。その後数枚の作品を発表すると2008年の「パララックス」でスイングジャーナル誌の日本ジャズ賞にノミネート。2010年にはプロアマ問わず参加可能なインターナショナル・ソングライティング・コンペティションにて「アンフォールディング・ユニバース」がジャズ部門において3位を獲得し一躍その名が知られ話題となった。
2011年の12曲入りCD「ミュージック・イン・ユー」ではその意欲的な試みが高く評価された。この作品はタワーレコードジャズ総合のチャート1位に輝き、HMV総合では2位を獲得している。西山 瞳は自身が非常に影響を受けたというへヴィメタルの名曲もカバーしており、アコースティックトリオ編成のNHORHMによりU.K.、BABYMETALなどの楽曲セレクトとカバークオリティの高さでファンを驚かせている。

西山瞳(NHORHM)が好きな方はこんなチケットもおすすめ