西川流 名古屋をどり」は、1945年に西川流家元西川鯉三郎が始めた舞踊公演である。この西川流 名古屋をどりは、歴史ある古典と毎年発表となる新作舞踏劇が2本柱となり構成されている。熟練の西川流舞踊家達に加え、西川流を学ぶ名古屋の芸妓らも出演し、音楽は歌舞伎でも演奏する長唄清元、鳴物連中が担当。日本舞踊を気楽に味わえるよう、様々な配慮がされ、記念撮影や食事も楽しむことが出来る。西川流は、1841年に初世西川鯉三郎が初代家元となり発祥。日本舞踊の5大流派の1つと呼ばれ、日舞の世界でも初期に誕生した歴史ある流派である。このように名古屋は西川流の一流派主催となっているのが最大の特徴とも言えるだろう。

西川流の日程

4人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

西川流のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 12:00更新)

「西川流 名古屋をどり」について

「西川流 名古屋をどり」の魅力とは

「西川流 名古屋をどり」は、1945年に西川流家元西川鯉三郎が始めた舞踊公演である。この西川流 名古屋をどりは、歴史ある古典と毎年発表となる新作舞踏劇が2本柱となり構成されている。熟練の西川流舞踊家達に加え、西川流を学ぶ名古屋の芸妓なども出演する。

音楽は歌舞伎でも演奏する長唄 清元、鳴物連中だ。日本舞踊を気楽に味わえるよう、様々な配慮がされ、記念撮影や食事も楽しむことが出来る。
西川流は、1841年に初世西川鯉三郎が初代家元となり発祥。日本舞踊の5大流派の1つと呼ばれ、日舞の世界でも初期に誕生した歴史ある流派である。このように名古屋は西川流の一流派主催となっているのが最大の特徴とも言えるだろう。

名古屋をどりの新作舞踊劇は川端康成や三島由紀夫、小島二朔、有吉佐和子、谷崎潤一郎や平岩弓枝など文壇の重鎮達がこれまで執筆に当たっている。またゲストとして美空ひばりが出演したこともあり、これもまた歴史ある公演であるのを物語っている。
2010年には名古屋開府400年記念事業の一環として開催され、脚本を荒俣 宏が担当し、ゲストとして俳優の加藤晴彦と守田菜生が出演した。

西川流が好きな方はこんなチケットもおすすめ