笑い、恐怖、涙、感動、その全ての要素が詰まっているのが舞台「人間風車」だ。売れない童話作家、平川をめぐる女優との恋愛、作家としての成功、友人の裏切り、人々への残酷な復讐を描くこの作品は、ファンタジー・ホラー舞台の金字塔として長年愛され続けてきた名作だ。1997年を皮切りに、2000年、2003年、2016年と幾度の上演を経て今年2017年も制作が決定。自身も2003年公演にサム役として出演し、舞台「八犬伝」や「父帰る」などで演出家としても活躍している河原雅彦が新たな復讐劇を描き出す。大爆笑の渦から一転、背筋も凍るような展開へとなっていく様がまるでジェットコースターのような舞台を、是非劇場で堪能して頂きたい。

舞台 人間風車の日程

26人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

人間風車の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

人間風車のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/30 00:00更新)

人間風車とは

人間風車について

「人間風車」とは、演出家、劇作家である「後藤ひろひと」によってつくられたファンタジー・ホラー舞台だ。

後藤ひろひとといえば、ギャグセンスに定評があり、代表作には舞台「パコと魔法の絵本」や「ダブリンの鐘つきカビ人間」などがある日本演劇界の奇才で、数多くの作品を世に送りだしている人物だ。「人間風車」は売れない童話作家の話で、初演は1997年、後藤ひろひとが所属する遊気舎によって行われ、観客も縮み上がるような演出が話題となった。それから根強い人気で一気に2000年の上演が決まると、成功を収めていたホラーファンタジー舞台「こどもの一生」制作チームでの制作が決定した。生瀬勝久や斉藤由貴を主演に迎えて、新たな「人間風車」が始まった。またしても注目を浴びると、2003年には永作博美や入江雅人を主演に迎え、そして2016年、13年ぶりに再演が果たされた。

何度も舞台化されている作品であるが、今年2017年の制作も決まった。今度はミムラ、加藤 諒、成河をメインキャストにして、新たな童話ホラーの世界が幕をあける。10歳未満は入場禁止、後藤ひろひとの最高傑作との呼び声も高い「人間風車」で、大人向けダークファンタジーの世界を堪能して頂きたい。

舞台 人間風車が好きな方はこんなチケットもおすすめ