蜷川幸雄演出の舞台「NINAGAWA・マクベス」が、2015年9月7日から東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで上演される。ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『マクベス』をもとに、台詞や人物設定を変えず、時代を日本の安土桃山時代に移して上演される。1980年の初演後、数回にわたって国内外で上演されており、今回は1998年以来約17年ぶりの再演となる。主人公のマクベスを演じるのは市村正親。マクベスとともに罪を犯すマクベス夫人役を田中裕子が演じる。そのほか橋本さとし、柳楽優弥、瑳川哲朗、吉田鋼太郎などの実力派俳優らが集うこの舞台は見逃せない。

NINAGAWA・マクベスの日程

62人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

NINAGAWA・マクベスの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

NINAGAWA・マクベスのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 00:00更新)

NINAGAWA・マクベス について

ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『マクベス』をもとに、台詞や人物設定を変えず、時代を日本の安土桃山時代に移して上演される「NINAGAWA・マクベス」。いずれ王になるという予言を3人の魔女から告げられたマクベスが、妻とともに主君のダンカン王を暗殺して王位につくも、罪悪感や幻影に苛まれて暴政を行い、やがて予言に惑わされて堕ちていく様を描く。主人公のマクベスを演じるのは市村正親。マクベスとともに罪を犯すマクベス夫人役を田中裕子が演じる。市村と田中は、2003年の蜷川演出作『ペリクリーズ』以来の共演とのこと。さらに、魔女に自身の子孫が王になると予言されたことからマクベスに殺されるバンクォー役を橋本さとし、ダンカン王の息子でマクベスへの復讐を計画するマルカム役を柳楽優弥、ダンカン王役を瑳川哲朗、マルカムとともにマクベス討伐を狙うマクダフ役を吉田鋼太郎がそれぞれ演じる。17年ぶり再演されるこの舞台 舞台の巨匠、蜷川幸雄によってつくられる本作は、チケットを手にしてぜひ劇場で堪能したい。

NINAGAWA・マクベスが好きな方はこんなチケットもおすすめ