演劇に興味ない人でも、舞台を知らない人でも「ハムレット」という名前は耳にはしたことがあるだろう。「ハムレット」はシェイクスピア作の悲劇である。シェイクスピア四大悲劇の一つとも言われている。正式名称は「デンマークの王子ハムレットの悲劇」である。この「ハムレット」が2017年春、名演出家ジョン・ケアードの手によって生まれ変わり、新たに上演されることが決定した。ジョン・ケアードとは、ミュージカル「レ・ミゼラブル」のオリジナル版を手掛けた人物だ。そんな彼とタッグを組んで主演を務めるのは、ドラマ「JIN-仁-」などで好演した内野聖陽だ。舞台活動も多い彼は、過去にも「ロミオとジュリエット」や「レ・ミゼラブル」などへの出演を果たしており、その実力は確かなものだ。他にも日本を代表する豪華なキャストたちによる舞台チケットは見逃すわけにはいかない。

ハムレットの日程

1,035人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ハムレットの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ハムレットのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(7/21 12:00更新)

ハムレットについて

ハムレットの魅力とは

ハムレットとは、デンマーク王国の王子を描いた、人類史上最高の劇作家とも言われているシェイクスピアによる悲劇である。

「オセロー」「リア王」「マクベス」とともにシェイクスピアの四大悲劇と呼ばれているこの作品は、第五幕から構成されている。1600年頃に書かれたと思われるこの作品は世界各地で舞台化、映画化され、現在も世界中で愛され続けている名作だ。日本でも宝塚歌劇団や劇団四季などの日本を代表する劇団や、さらには故・蜷川幸雄によって公演が行われた。物語の舞台はデンマーク。

王である父を毒殺し、王妃である母と結婚したことによって王位を奪い取った叔父クローディアスの悪事を、主人公のハムレットの夢の中で亡き父が告発する。そこで復讐を誓ったハムレットが、狂気を装いながら事実の探りを入れ、復讐を果たしていくまでのストーリーが描かれている。

今回の公演で注目すべきは演出家のジョン・ケアードだ。世界的名匠とも呼ばれている彼は、今までも多くのシェイクスピア劇を手掛けており、原作を裏切らない仕上がりが期待されている。主演は内野聖陽で、完成度の高い演技を見せてくれることだろう。歴史に残る名作は、ぜひ劇場で楽しんでいただきたいところだ。

ハムレットが好きな方はこんなチケットもおすすめ