東京二期会 オペラ劇場は、オペラと声楽全般にわたる公演及び研究活動を行っており、オペラ歌手、合唱団及びスタッフを育成。1952年に、若手声楽家のソプラノ三宅春惠、アルト川崎靜子、テノール柴田睦陸、バリトン中山悌一の4名が中心となり、12名の声楽家とともに結成。東京二期会 オペラ劇場の「二期会」の名称は、それまでにあったオペラ・声楽運動を第一期とみなし、その時代の先人たちの労苦を偲ぶとともに継承し、さらに発展させる次世代の集団であるということから名付けられた。1964年「関西二期会」「北海道二期会」、1970年「名古屋二期会」、1973年「中国・四国二期会」、2010年「大分二期会」が創設され、現在ではそれぞれが独自の活動を展開している。

東京二期会 オペラ劇場の日程

31人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

東京二期会の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

東京二期会のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(2/23 12:00更新)

東京二期会 オペラ劇場について

東京二期会 オペラ劇場の魅力とは

東京二期会オペラ劇場の「フィガロの結婚」のあらすじ:舞台はスペイン・セビリャに近い、アルマヴィーヴァ伯爵邸。

伯爵の従者フィガロはスザンナとの結婚を目前に控えていたが、スザンナに御執心な伯爵はそれが面白くなく、領主の初夜権復活を目論んでいた。その一方では伯爵夫人が伯爵からの自分への愛が失せてしまった事を嘆き、スザンナと結託して伯爵をおびきよせる手紙を書く。その手紙でおびき出された伯爵は、スザンナになりすました夫人を自分の妻とも知らず口説いてしまう。さらに伯爵を騙そうと、フィガロが伯爵夫人のふりをしたスザンナを口説き始めた。、嫉妬にかられた伯爵は、フィガロを捕まえて人々の前で怒りを露にする。

しかしスザンナの服装をした伯爵夫人の登場で事の真相が知れ、自らの浮気のしっぽをつかまれた伯爵は、ついには観念して夫人に許しを乞う。お互いに和解して、大騒動だった一日は幕を閉じる。演出は宮本亜門。

東京二期会 オペラ劇場が好きな方はこんなチケットもおすすめ