二階堂ふみは、2007年から活動を開始した女優であり、ファッションモデルである。1994年9月21日生まれで、沖縄県那覇市出身であり、ソニー・ミュージックアーティスツに所属している。12歳の時に「沖縄美少女図鑑」に写真が掲載されたことをきっかけにスカウトされ芸能界入りすると、ファッション雑誌「nicola」の専属モデルとなった。2007年には日本テレビ系列の土曜ドラマ「受験の神様」で女優デビューを飾り、2009年に役所広司の初監督作品「ガマの油」のヒロイン役で映画デビューを果たした。2012年の園子温監督の「ヒミズ」では、、第68回ヴェネツィア国際映画祭の最優秀新人賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞し、同年の第36回日本アカデミー賞では新人俳優賞を受賞した。

二階堂ふみの日程

113人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

二階堂ふみの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

二階堂ふみのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/25 00:00更新)

二階堂ふみについて

二階堂ふみの魅力とは

二階堂ふみは、沖縄県那覇市出身のファッションモデルから女優までこなす女性タレントである。デビューのきっかけは、12歳の時に写真が掲載された沖縄のフリーペーパー「沖縄美少女図鑑」であり、芸能界入り後には瞬く間にファッションモデルとして注目を集めた。ファッションモデルとしては、新潮社が発行する思春期女子向けのファッション雑誌「nicola」において、専属モデルを務めた。女優への入り口は、2007年放送の日本テレビ系列の土曜ドラマ「受験の神様」であり、2009年には役所広司の初監督作品「ガマの油」のヒロイン役で映画デビューを果たしている。その後、2012年の園子温監督の「ヒミズ」では、、第68回ヴェネツィア国際映画祭の最優秀新人賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞を日本人で初めて受賞した。また、同年の三池崇史監督、伊藤英明主演の映画「悪の教典 」での演技も評価され、第36回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞している。他にも、2014年にはニューヨーク・アジア映画祭で若手俳優に贈られるライジング・スター・アワードの受賞や、日本映画テレビプロデューサー協会が選定するエランドール賞を2015年に受賞するなど、各方面から高評価を受けている人気女優である。

二階堂ふみが好きな方はこんなチケットもおすすめ