二井原実は、男性のヘヴィメタル・ミュージシャンである。1960年3月12日生まれで、大阪府大阪市住吉区出身である。高校時代に軽音楽クラブに入部し、同級生の「石原愼一郎」と共にヘヴィメタルバンド「EARTHSHAKER(アースシェイカー)」を1975年に結成する。本格的なボーカリストを目指し、「EARTHSHAKER」を脱退すると、佛教大学軽音楽部の同級生「藤村幸宏」らとファンクソウルバンドを結成し活動した。後に、1980年代に話題沸騰であったヘヴィメタルバンド「LOUDNESS(ラウドネス)」のヴォーカルを担当し、1981年11月にアルバム「THE BIRTHDAY EVE 〜誕生前夜〜」でメジャーデビューを果たした。

二井原実の日程

1人が登録中

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

二井原実について

二井原実の魅力とは

二井原実は、1960年3月12日生まれ、大阪府大阪市住吉区出身のヘヴィメタル・ミュージシャンである。高校時代にヘヴィメタルバンド「EARTHSHAKER(アースシェイカー)」、大学時代初期には京都で有名なファンクソウルバンドで活躍する。ボーカリストの腕前を買われ、1980年代のヘヴィメタル界で一世風靡したバンド,LOUDNESS(ラウドネス)に加入しヴォーカルを担当した。

LOUDNESSの人気は日本だけに止まらず、アメリカでも人気を得るまでに成長するが「ネイティブな英語を操るフロントマンが必要」との理由で1988年12月に脱退する。以降は、1990年にソロプロジェクト「デッド・チャップリン」、1994年には80年代のジャパニーズ・メタルを象徴した有名バンドの元メンバーが集まった「SLY(スライ)」を結成し、現在はいずれも解散している。1999年には、爆風スランプのファンキー末吉(Dr.)が中心になって結成した「X.Y.Z.→A」で現在も活動を続けている。また、2000年に「LOUDNESS」がオリジナルメンバーで再始動し、それに伴いこちらにも復帰した。今なお世界的に活動を続けているアーティストである。

二井原実が好きな方はこんなチケットもおすすめ