日本橋ヨヲコは香川県出身の漫画家だ。第34回ちばてつや賞佳作を「爆弾とワタシ」で受賞し、1996年に「ノイズ・キャンセラー」でデビューを果たす。代表作に「プラスチック解体高校」「G戦場ヘヴンズドア」があり、現在は講談社のイブニングにて「少女ファイト」を連載している。女子バレーボールが題材にされているが、王道のスポーツ漫画ではなく、スポーツを通して成長していく心や人間模様が描かれた作品だ。力強い独特なイラストと、繊細な心理描写で描かれるストーリーは男性はもちろん女性からの支持も厚い。漫画家デビューから20周年となることを記念して2016年8月に「日本橋ヨヲコ画業20周年&少女ファイト連載10周年記念『真夏の日本橋祭り』」が開催される。歴代担当者やゲストを交え作品の裏話を披露するほか、参加者である読者との質問コーナーなどの交流も予定されている。ファンであれば参加しておきたいイベントだ。

日本橋ヨヲコの日程

4人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

日本橋ヨヲコの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

日本橋ヨヲコのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 06:00更新)

日本橋ヨヲコについて

日本橋ヨヲコの作品の魅力とは

「プラスチック解体高校」「G戦場ヘヴンズドア」などの代表作をもつ日本橋ヨヲコは香川県出身の漫画家だ。
1996年の大学3年生の時に第34回ちばてつや賞佳作を「爆弾とワタシ」で受賞、同年大学4年生の時に「ノイズ・キャンセラー」でデビューした。

力強い独特なイラストが特徴的ではあるが、一旦作品を読み始めると、キャラクターの心の葛藤など繊細な心理描写から、その世界観に一気に惹きこまれてしまう魅力溢れる作風で、男性だけではなく、女性のファンも多いのが特徴だ。
また、「極東学園天国」を除き、すべて同一世界観を舞台とした物語になっているため、物語に別作品の登場人物が成長した姿で再登場することがある。長く作品を読んでいるファンからすると、まるで同窓会のような懐かしい気持ちや、成長したキャラクターをみることができた喜びを感じることができるだろう。

2016年は漫画デビューを果たして20年目、そして現在も執筆中である「少女ファイト」の連載10年目にあたる。
これらを記念して「日本橋ヨヲコ画業20周年&少女ファイト連載10周年記念『真夏の日本橋祭り』」が開催されることが発表された。
日本橋ヨヲコがどのように魅力的な作品を作り上げてきたのかを知るチャンスだろう。ぜひ会場まで足をはこんでいただきたい。

日本橋ヨヲコが好きな方はこんなチケットもおすすめ