「夜が私を待っている」は1935年にイギリスの劇作家エムリン・ウィリアムズによって発表されたサスペンス劇が原作の舞台である。アメリカでは1937年にリチャード・ソープ監督、ロバート・モンゴメリー、ロザリンド・ラッセル、ディム・メイ・ホイッティらキャストにより「Night Must Fall」として映画化されている。2016年版の演出を務めるのは、2006年にシス・カンパニー公演「父帰る/屋上の狂人」の演出で第14回読売演劇大賞 優秀演出家賞を受賞し、数多くの舞台演出や映画脚本を手掛ける河原雅彦。出演は入江甚儀、秋元才加、前田美波里など豪華な顔ぶれだ。これら役者陣と河原雅彦とのタッグでどのような「夜が私を待っている」の舞台が描かれるか期待が寄せられている。

夜が私を待っているの日程

39人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

夜が私を待っているの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

夜が私を待っているのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 18:00更新)

夜が私を待っているについて

夜が私を待っているの魅力とは

1935年にイギリスの劇作家エムリン・ウィリアムズによって発表されたサスペンス劇が原作の舞台「夜が私を待っている」。
2016年版では2006年、シス・カンパニー公演「父帰る/屋上の狂人」の演出で第14回読売演劇大賞 優秀演出家賞を受賞し、数多くの舞台演出や映画脚本を手掛ける河原雅彦が演出を務める。
出演するキャスト陣は「金田一少年の事件簿N」や「流星ワゴン」など数々のテレビドラマに出演、「キカイダー REBOOT」では主役のジローに抜擢され話題となった入江甚儀。元AKB48のメンバーで知られ、現在はミュージカル「シャーロック・ホームズ2 ブラッディ・ゲーム」など数多くの舞台へ出演し女優として活動する秋元才加。
劇団四季を始め舞台やテレビドラマ、CMなどで活躍、2009年には第30回松尾芸能賞優秀賞を受賞した前田美波里。この他にも 明星真由美、久ヶ沢徹、岡部たかし、弘中麻紀、白勢未生らが豪華なメンバーが出演する。
森のはずれの一軒家に暮らす身体の不自由な未亡人ブラムソン夫人と姪のオリヴィエ、メイドのドーラの恋人で周囲を惑わすダンを巡る人間模様が描かれるサスペンススリラー「夜が私を待っている」。河原雅彦が描くイギリス戯曲に注目が集まっている。

夜が私を待っているが好きな方はこんなチケットもおすすめ