NHK音楽祭 2017は、クラシック音楽をより多くの方々に楽しんでいただきたいという想いで2003年から始まったクラッシック祭典であり、2017年は第15回記念を迎える。テーマを「人は歌い、奏でつづける」と掲げ、魅惑のオペラ、そして深遠なるレクイエムを、世界の一流指揮者とオーケストラの演奏で届ける。2017年9・10・11月、「NHK音楽祭2017」が開催される。9月公演はNHK交響楽団、指揮:パーヴォ・ヤルヴィ、10月エルン国立管弦楽団、指揮:キリル・ペトレンコ、11月チャイコフスキー交響楽団(旧モスクワ放送交響楽団)指揮:ウラディーミル・フェドセーエフ、ライプチヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、指揮:ヘルベルト・ブロムシュテットが務め、記念に相応しい豪華ラインナップで届ける。お見逃しなく!

NHK音楽祭 2017の日程

136人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

NHK音楽祭のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/24 18:00更新)

NHK音楽祭 2017について

NHK音楽祭 2017の魅力とは

NHK音楽祭 2017の主催はNHK、NHKプロモーションが行っている音楽イベントである。2017年9月の公演は、NHK交響楽団と指揮者パーヴォ・ヤルヴィの名コンビが初めて挑むオペラであり、新たなモーツァルトの姿が彼らにより繰り広げられる。公演内容はモーツァルト/歌劇「ドン・ジョヴァンニ」全2幕、出演者は“ドン・ジョヴァンニ”をバロックから現代作品まで幅広いレパートリーを歌い上げる気鋭のバリトンのヴィート・プリアンテ、“騎士長”を若い世代でもっとも成功しているバスの1人のアレクサンドル・ツィムバリュク、“ドンナ・アンナ”をアメリカ期待のソプラノのジョージア・ジャーマン、“ドン・オッターヴィオ”を多彩なレパートリーで成功を収めている実力派テノールのベルナール・リヒター、“ドンナ・エルヴィーラ”をオーストラリア出身のソプラノの新星のローレン・フェイガン、“レポレッロ”を人気上昇中のバス・バリトンのカイル・ケテルセン、“マゼット”を日本を代表するバス・バリトンの1人の久保和範、“ツェルリーナ”を国際的にも注目を集めている若手ソプラノの三宅理恵、合唱:東京オペラシンガーズである。指揮者パーヴォ・ヤルヴィは、1995年の初来日以来、日本での演奏も多く、2015年9月、NHK交響楽団の初代首席指揮者に就任、現在、世界で最も多忙な指揮者の1人である。素晴らしいオペラの歌声とオーケストラの紡ぐ音の世界を聴きに会場へ足を運んではいかがだろうか?

NHK音楽祭 2017が好きな方はこんなチケットもおすすめ