ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」は2013年7月より電撃文庫より創刊されているライトノベル。 ネトゲ大好きな高校生の主人公・西村英騎とネトゲとリアルの区別がついてないという残念で危険な美少女・玉置亜子が繰り広げるストーリーは2013年7月の創刊以来、現在も人気が高い。 2016年4月からは、テレビアニメの放送も開始され、豊永利行、日高里菜、南條愛乃などの人気声優陣が起用されておりアニメも要チェックだ。 そんなネト嫁が、2016年11月にイベント「ネトゲの嫁はイベント開催しないと思った?」の開催を決定し、豪華出演者多数参加予定となっている。大注目イベントのチケットは是非抑えておきたい。

ネトゲの嫁(ネト嫁)の日程

151人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思ったの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思ったのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 18:00更新)

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?について

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?の魅力とは

「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」は聴猫芝居/著者、イラスト/Hisasiの作品で2013年7月より電撃文庫より創刊されているライトノベル。 既に10巻以上続いているが各巻の章タイトルには、実在するオンラインゲームを捩ったものとなっていることも特徴だ。 主人公・西村英騎は、ネトゲ大好きな高校生。ある日ネトゲ内の女キャラに告白すると「→残念!ネカマでした☆。」と教えられ激しいショックを受ける。 そんな黒歴史を秘めた西村英騎が、今度はネトゲの女キャラに告白され、そのキャラとゲーム内で結婚をする。黒歴史の再来かと思う西村だったが、ネトゲの嫁のアコ=玉置亜子は本物の美少女で、しかも、ネトゲとリアルの区別がついてないという残念で危険な女の子だった…というところから物語が始まる。 2016年4月から、TOKYO MXなどでテレビアニメの放送も開始された。豊永利行、日高里菜、南條愛乃などの声優陣が起用されておりその人気がうかがえる。豪華出演者も参加予定のイベント「ネトゲの嫁はイベント開催しないと思った?」は2016年11月の開催となり今から目が離せない。

ネトゲの嫁(ネト嫁)が好きな方はこんなチケットもおすすめ