ネプチューンは、1994年に結成され現在も人気の高いお笑い芸人トリオだ。メンバーはリーダーでツッコミ担当の名倉潤(潤ちゃん)、ボケ担当の原田泰造(タイゾー)、大ボケ兼ツッコミ担当の堀内健(ホリケン)の三人。トリオ名は漫画「キン肉マン」に登場するネプチューンマンに由来する。ネプチューンのコントでは、原田と堀内がボケて、それに名倉が突っ込むも、さらに二人がボケ続けるというパターンが多く、カオスに満ちたボケとバランスの取り具合が絶妙なツッコミとがマッチしている点が最大の魅力。フジテレビ「タモリのボキャブラ天国」で人気を博し、その後、フジテレビ「ネプリーグ」、テレビ朝日「ナニコレ珍百景」など多くの冠番組やレギュラー番組を持ち、お笑いタレントとしての地位を揺るぎのないものにしている。トリオとしての活動以外にもそれぞれが司会・コメンテーターや俳優、脚本など幅広い分野で活躍している。いつまでも斬新なお笑いを披露し続けるネプチューンから目が離せない。

ネプチューンの日程

2人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ネプチューンのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 18:00更新)

ネプチューンについて

お笑い芸人トリオの枠を超えて活躍するネプチューンの魅力

フジテレビ「ネプリーグ」や日本テレビ「しゃべくり007」など、ゴールデンタイムを中心に多くのレギュラー番組を持つネプチューンは、お茶の間で最も愛されているお笑い芸人トリオだ。ネプチューン結成のきっかけは、原田が組んでいたコンビが解散となり、新しい相方を探していた原田が堀内に声をかけたことから始まる。
原田と堀内は「フローレンス」というコンビ名で活動を始めるが、二人ともボケでツッコミ担当がおらずコントがグダグダになってしまうことから、ツッコミ役として名倉を引き入れ、1994年からトリオで活動を開始。数々のコントをヒットさせてきたネプチューンだが、最近ではそれぞれがピンとしても活動し、新しい魅力を発揮している。リーダーの名倉は、テレビ番組で当意即妙な話術を生かし司会やコメンテーターとして大活躍。原田は2000年にフジテレビ「編集王」で初主演を果たして以来、コンスタントにドラマや映画、舞台に出演するなど俳優としての表現力が高く評価されている。ネプチューンのネタを主に作ってきた堀内は、2014年から自身の脚本による舞台プロジェクト「堀内夜あけの会」を開催し、ホリケンワールドと称される斬新な発想による芝居が衝撃を与えている。

2016年7月には、名倉のライフワークとして人気の高いトークライブ「名倉の舌」が開催される。お笑いから社会情勢、政治、経済まで幅広いテーマを歯に衣着せぬトークでしゃべりまくるステージをぜひ楽しんでいただきたい。

ネプチューンが好きな方はこんなチケットもおすすめ