喜びの少ない孤独な人生を送ってきた一人の女性が、唯一愛を注いできたものを失った時に、衝撃的な事件が幕を開ける。孤独な女性が引き起こした事件を描いた、野村桔梗の原作「その猫に何が起こったのか?」を、なるせゆううせいの脚本・演出により朗読劇として上演される舞台「猫と裁判」。朗読劇というセリフの応酬のみで繰り広げられる緊迫のステージは、演劇とはまた一味違った醍醐味がある。そんな衝撃作「猫と裁判」の物語を紡ぐキャスト陣も、豪華な顔ぶれが揃った。主演の心に深い闇を宿した孤独な女性・高林啓子役を演じる白石美帆、そしてそんな彼女の弁護をつとめる弁護士役に大和田獏を筆頭に、徳山秀典、村井良太をはじめとする、舞台やドラマ、声優など様々な分野で活躍する若手俳優が加わり、セリフのみでキャスト陣がシリアスなシーンを、どのように表現してくれるのか注目が集まります。誰しも抱える心の闇。

猫と裁判の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

猫と裁判の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

猫と裁判 について

ちょっとしたボタンの掛け違えから、その闇が心を支配するという、現代社会に潜む暗部をあぶり出し、命の尊厳を問う本作。そんな問題提起をする「猫と裁判」のチケットは、観る人にリアルな恐怖を感じさせるかもしれない。それと同時に、命について深く考えさせるものだ。深い闇に落ちた彼女を救えるものは誰なのか。是非チケットを手に、衝撃の法廷朗読劇を是非堪能してください。

猫と裁判が好きな方はこんなチケットもおすすめ