熱いぞ!猫ヶ谷!!」は、「ふたりエッチ」で知られる克・亜樹によるラブコメディ。2009年から2011年に連載され、単行本は全6巻。日本一暑い都市・埼玉県猫ヶ谷市を舞台に、条例によって水着で生活することが定められた女子高生たちの学園ドラマが描かれる。「熱いぞ!猫ヶ谷!!」は、2010年、2011年にミスマガジンをヒロイン起用市、ドラマ化。2012年には3D映画化を果たす。2016年には舞台化決定。キャストはアプリを通じたオーディションで行う異例の作品だ。舞台「熱いぞ!猫ヶ谷!!」の総合演出は「20世紀少年」「SPEC」「イニシエーションラブ」等のヒット作を生み出した堤幸彦。演出はを始めアイドルのMV等を手掛ける佐藤徹也。脚本は、「ハンサム落語」「ギャグマンガ日和」「ヘタリア」等を担当したなるせゆうせい。豪華スタッフで送る、舞台「熱いぞ!猫ヶ谷!!」には注目だ。

熱いぞ猫ヶ谷の日程

16人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

熱いぞ猫ヶ谷の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

熱いぞ猫ヶ谷のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 18:00更新)

熱いぞ猫ヶ谷について

熱いぞ猫ヶ谷の魅力とは

「熱いぞ!猫ヶ谷!!」は、克・亜樹によるラブコメディ作品。克・亜樹は、「ふたりエッチ」などの代表作で知られる漫画家だ。「熱いぞ!猫ヶ谷!!」は2009年から2011年にかけて週刊ヤングマガジンに掲載され、単行本は全6巻で発売されている。

「熱いぞ!猫ヶ谷!!」の舞台は、日本最高気温48.4℃を記録した、日本一暑い街・埼玉県猫ヶ谷市。猫ヶ谷市では、条例により水着での生活が義務付けられており、「熱いぞ!猫ヶ谷!!」では女子高生たちの破廉恥な学生ドラマが描かれた。

「熱いぞ!猫ヶ谷!!」は2010年、2011年の2度に渡りドラマ化。ドラマ「熱いぞ!猫ヶ谷!!」は1話完結の形式で、ミスマガジンが週代わりでヒロインを務める形が取られた。また、2012年には映画化も果たしている。

2016年には、舞台「熱いぞ!猫ヶ谷!!」が上演される。総合演出は堤幸彦(「20世紀少年」「SPEC」「イニシエーションラブ」)、演出は佐藤徹也、脚本はなるせゆうせい(「ハンサム落語」「ギャグマンガ日和」「ヘタリア」)という豪華スタッフが集結。「熱いぞ!猫ヶ谷!!」注目のキャストは、コミュニケーションアプリ「DMM.yell」にてオーディションを決定するなど、新たな試みも行われる。

熱いぞ猫ヶ谷が好きな方はこんなチケットもおすすめ