Nothing’s Carved In Stoneは、エルレガーデンの生形が、エルレガーデンの活動休止に伴い、ストレイテナーのベーシスト日向にセッションの誘いをしたことから結成。フルアーマーのドラム・大喜多が加わり、一時はボーカルなしでの活動をしていたが、ABSTRACT MASHで活動をしていた村松を抜擢。変則的なグループとして活動している。各バンドのオールスター的存在が集まっているだけにバンドとしてのナッシングス カーブド イン ストーンのクオリティは非常に高く、フェスを中心にチケットはプレミア化。メジャーデビューも果たし、各業界とのタイアップも積極的に行うなどプロモーションの頻度も上昇。音楽業界での評価は日々高まっている。

Nothing’s Carved In Stoneの日程

956人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ナッシングスカーブドインストーンのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/18 12:00更新)

Nothing’s Carved In Stoneについて

Nothing’s Carved In Stoneの魅力とは

Nothing's Carved In Stoneは、ELLEGARDENのギタリストである生形真一がバンド活動休止をきっかけとして、ストレイテナーのベーシスト日向秀和と一度セッションをしたいと声をかけたことから結成されたバンド。その後、FULLARMORのドラマー大喜多崇規、ABSTRACT MASHのヴォーカル村松拓がメンバーに加入。2009年にファーストアルバム「PARALLEL LIVES」を発売しすぐにライブツアーを開始、ライブを訪れたファンはそのロックに脳天を揺さぶられた。

以降、2014年「Strangers In Heaven」、2015年「MAZE」、2016年「Existence」と毎年積極的にアルバムをリリースし沢山の楽曲を提供している。Nothing's Carved In Stoneのライブでは、卓越した技術と高い音楽性でロックの真髄を表現し、なおかつ圧巻のライブパフォーマンスでファンの度肝を抜く。2014年から毎年敢行しているツアーでは、Nothing's Carved In Stoneの生バンドを聴きたいファンが会場に押し寄せている。ロックファンならば何を差し置いても手に入れたいライブチケットだ。

Nothing’s Carved In Stoneが好きな方はこんなチケットもおすすめ