名塚佳織は、1984年4月24日生まれの東京都出身の舞台女優ならびに声優である。芸能事務所には所属しておらず、フリーランスで活動しており、マネージングも自分1人で行なっている。幼少の頃から子役としてミュージカルや舞台に出演していた。中学1年生の時に、たまたま名塚が出演するミュージカルをアニメーション監督の大地丙太郎が観ていたのが縁で「おじゃる丸」のゲストキャラクターに起用され声優デビューを果たす。その後も舞台出演を続けながら、声優としても積極的に活動し、アニメ「だぁ!だぁ!だぁ!」で初主演を果たすと、「.hack//Roots」や「交響詩篇エウレカセブン」でも主役を演じた。現在も舞台女優と声優の2束のわらじで活躍を続けている。

名塚佳織の日程

14人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

名塚佳織のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/1 00:00更新)

名塚佳織について

名塚佳織の魅力とは

名塚佳織は、フリーランスで活躍する舞台女優兼声優である。生年月日は1984年4月24日生まれ、出身は東京都で2人姉妹の妹である。舞台やミュージカルには、小学生の頃から子役としてデビューしており、その時は母がマネージャーを務めていたが、今現在は全て自分でマネージングまで行なっている。

声優としてのデビューは、自身が出演する舞台を「おじゃる丸」で有名なアニメーション監督の大地丙太郎が観ていたのがきっかけで、同作のゲストキャラ役で声優デビューを果たした。その後も舞台女優と声優の両方を続け、2000年に月間漫画雑誌「なかよし」で連載されていた「だぁ!だぁ!だぁ!」のアニメ化で初の主役キャラとなる光月未夢を演じた。その5年後には、奇しくも同作でデビューし、もう1人の主人公を演じた三瓶由布子と「交響詩篇エウレカセブン」で再演を果たしたが、その時も主人公とヒロイン役で共演することになった。

名塚佳織は見た目とのギャップが激しく想像できないほどのロリボイスが特徴で、声優を務める際はほとんどの場合が幼い少女やヒロイン役を演じることが多いと言われる。今でも舞台女優と声優として活躍し続ける名塚佳織から目が離せない。

名塚佳織が好きな方はこんなチケットもおすすめ