えずこプレミアムライブ2017取扱中!夏木マリは、1971年より活動する女優・歌手。19歳の時に本名中島淳子で「小さな恋」で清純派アイドルとして歌手デビュー。歌手として活動するも注目されず、キャバレー回りの日々を過ごす。そんな彼女の転機は、1973年に夏木マリとして「絹の靴下」を発表した時である。デビュー当時のイメージとは大きく変わり、妖艶な振り付けやフィンガー・アクションが注目され一気に大ヒットするがヒットはこの曲のみとなる。以後は舞台の仕事を精力的に活動、そんな彼女が2015年に、デビュー44年目にして62歳で初めての全国ライブハウスツアー「夏木マリ MAGICAL MEETING TOUR Live & Talk 2015」を敢行。60代とは思えないライブスタイルが話題となった。活躍し続ける彼女から目が離せない。

えずこプレミアムライブ2017

63人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

夏木マリのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/22 18:00更新)

夏木マリについて

夏木マリの魅力とは

女優や歌手として現在も精力的に幅広く活躍している夏木マリ。歌手として低迷している時に、演劇の仕事をしている観客から舞台出演に誘われ、舞台の仕事を始める。1993年には、企画から構成、演出、出演まで全て彼女が手がけた舞台表現「印象派」を発表。以降、2009年までに80以上の舞台を上演、国内以外にドイツ、フランス、イギリス、ポーランドという海外公演を開催。彼女の公演は各地で高い評価を得た。この活動へと彼女を決断させたのは1990年にニューヨークへ単身で行ったときに、自身で何かを発信してみたいと思ったのがきっかけである。1995年に音楽家の小西康陽からのアプローチを受け、ミニアルバム「九月のマリ-」をリリース、2006年にはブルースバンド「GIBIER du MARIE」を結成。2015年に初めて全国ライブを敢行してから、メディアやラジオなどでの出演が増え注目されている。2016年には、華原朋美、土屋アンナ、シシド・カフカ、LiLiCoと女性コーラスユニットand ROSEsを結成、同年6月にはこのユニットでシングル「紅のプロローグ」をリリースした。年齢を感じさせない行動力で女優、歌手活動と幅広く活動。大人の魅力で今後も様々な場面で活躍することを期待したい。

夏木マリが好きな方はこんなチケットもおすすめ