多くの沖縄出身アーティストが誕生した1990年代、その最後の年1999年、夏川りみがデビューした。彼女は子どもの頃から歌うのが好きで最初は石垣ケーブルテレビが主催した「第1回ちびっこのど自慢大会」で優勝、以降はさまざまな全国の大会で賞を総なめした。1986年、中学1年生のときに「第10回長崎歌謡祭」にて史上最年少でグランプリを獲得、レコード会社からのスカウトもあり上京。1989年にはポニーキャニオンから演歌歌手「星美里」としてデビューした。つまり夏川りみとしてのデビューは歌手として2回目のデビューである。しかし、演歌歌手としては鳴かず飛ばず。一度は沖縄に帰ったものの、ポニーキャニオン時代のディレクターがその才能を惜しみ、彼女のために三井エージェンシーを立ち上げて東京に呼び寄せた。そこで夏川りみが誕生するわけだが、やはりヒット曲には当初、恵まれなかった。しかし、2001年に発売した「涙そうそう」がじわりじわりとチャートを上昇、2002年に「第44回日本レコード大賞」で金賞、NHK紅白歌合戦にも出場し誰もがしるアーティストとなった。

夏川りみの日程

115人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

夏川りみのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(2/28 18:00更新)

夏川りみのコンサートについて

夏川りみのコンサートの魅力とは

彼女も2014年、デビュー15周年を迎え記念コンサートを開催している。このコンサートチケットは夏川りみファンならずとも手にしたいチケット。

夏川りみが好きな方はこんなチケットもおすすめ